「ジープ チェロキー」改良モデル登場 充実装備でシリーズ全体をリフレッシュ

2020.02.20 自動車ニュース
ジープ・チェロキー
ジープ・チェロキー拡大

FCAジャパンは2020年2月20日、ミドルサイズSUV「ジープ・チェロキー」の仕様・装備を見直し、販売を開始した。

「リミテッド」では、レザーシートがホワイト(写真)とブラックの2色から選べる。
「リミテッド」では、レザーシートがホワイト(写真)とブラックの2色から選べる。拡大
「トレイルホーク」のインテリア。
「トレイルホーク」のインテリア。拡大

チェロキーは、2018年10月にマイナーチェンジを実施。フラッグシップモデル「グランドチェロキー」やコンパクトモデル「コンパス」とイメージを合わせた新世代デザインが採用されている。

ラインナップはベースグレードの「Longitude(ロンジチュード)」、悪路走破性が重視された「Trailhawk(トレイルホーク)」、快適装備の充実がセリングポイントとなる「Limited(リミテッド)」の3モデル。

今回の仕様・装備見直しを受け、ロンジチュードとトレイルホークではシート表皮がファブリックからレザーへと変更されたほか、フロントシートヒーターやリアシートのスライド機構、セキュリティーアラーム(盗難発生警報装置)などの装備が追加された。ロンジチュードにはリアディープティンテッドガラス(後部プライバシーガラス)が新たに採用されている。

チェロキーのラインナップと価格は以下の通り。

  • ロンジチュード:449万円
  • リミテッド:496万円
  • トレイルホーク:499万円

(webCG)

関連キーワード:
チェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ チェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る