「ジープ・ラングラー」にブラック仕立てのディテールが特徴の限定車

2020.02.26 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ アルティテュード」。ボディーカラーは「ブライトホワイト」。
「ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ アルティテュード」。ボディーカラーは「ブライトホワイト」。拡大

FCAジャパンは2020年2月26日、「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「アンリミテッド スポーツ アルティテュード」を設定し、同年3月7日に200台の台数限定で発売すると発表した。

こちらのボディーカラーは「スティングレー」。
こちらのボディーカラーは「スティングレー」。拡大
 
「ジープ・ラングラー」にブラック仕立てのディテールが特徴の限定車の画像拡大
 
「ジープ・ラングラー」にブラック仕立てのディテールが特徴の限定車の画像拡大
 
「ジープ・ラングラー」にブラック仕立てのディテールが特徴の限定車の画像拡大

ジープ・ラングラーの持つ機能美に加えて、まわりとは一味違った個性を求めたい。そうしたユーザーの声にこたえるという触れ込みで登場したのが、ラングラー アンリミテッド スポーツ アルティテュードだ。ベースグレードは「アンリミテッド スポーツ」だが、日本で販売されているカタログモデル(3.6リッターV6エンジン搭載)とは異なり、最高出力272PS/最大トルク400N・mの2リッター直4ターボエンジンを搭載しているのも特徴だ。

エクステリアでは、フロントグリルやヘッドライトベゼル、フォグランプベゼルにつや感のあるグロスブラック仕上げを採用。アルミホイールも同様の仕立てとしたほか、「Jeep」と「TRAIL RATED」バッジはマットブラック仕上げとした。

インテリアではグロスブラック仕立てのインストゥルメントパネルを採用。夏は断熱効果が、冬は保温効果があるというMopar製ハードトップヘッドライナーを装備することで、快適性向上も図っている。

ボディーカラーは「ブライトホワイト」(限定100台)と「スティングレー」(同100台)の2色展開で、価格は535万円。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.3 試乗記 「ランドローバー・ディフェンダー110」の最上級ディーゼルモデル「X D300」に試乗。悪路をものともしないタフなパフォーマンスと、ラグジュアリーモデルもかくやという内外装の組み合わせは、果たしてドライバーをどんな世界にいざなってくれるのか。
  • BMW M440i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.20 試乗記 BMWの「4シリーズ カブリオレ」が2代目に進化。“Mパフォーマンス仕上げ”の最上級モデル「M440i xDriveカブリオレ」を郊外に連れ出し、伝統のストレート6と4WDのシャシー、そしてオープンスタイルが織りなす走りを確かめた。
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
ホームへ戻る