「メルセデス・ベンツAクラス セダン」にディーゼルエンジン搭載モデル

2020.02.27 自動車ニュース
メルセデス・ベンツA200d
メルセデス・ベンツA200d拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年2月27日、「メルセデス・ベンツAクラス セダン」のモデルラインナップにディーゼルエンジン搭載モデル「A200dセダン」を追加設定し、予約注文受け付けを開始した。

 
「メルセデス・ベンツAクラス セダン」にディーゼルエンジン搭載モデルの画像拡大

搭載されるパワーユニットは、「Aクラス」「Bクラス」「CLA」など、メルセデスの新世代FFプラットフォームモデルに搭載されている、最高出力150PS/最大トルク320N・mの2リッター(1949cc)直4ディーゼルターボエンジン「OM654q」。アンモニアスリップ触媒を備えたSCR触媒を採用するなどして、ユーロ6d規制にも対応している。トランスミッションは8段のデュアルクラッチ式AT「8G-DCT」を組み合わせる。

価格は420万円。納車開始は同年4月ごろとなる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
Aクラス セダン, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
  • メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク 2019.8.27 画像・写真 FFのプラットフォームを用いた4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLA」と、ワゴンボディーの「CLAシューティングブレーク」が2代目にフルモデルチェンジ。ボディーサイズの拡大により、より流麗なスタイリングとなった新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
ホームへ戻る