クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMWアルピナXD4(4WD/8AT)

硬派なアルピナ 2020.03.03 試乗記 流麗なクーペフォルムが特徴の「BMWアルピナXD4」に試乗。最高出力388PS、最大トルク770N・mを誇る3リッター直6ディーゼル「クワッドターボ」エンジンの実力と、低重心化された足まわりの仕上がりを確認した。

SUVの2作目

玄人好みの端正で控えめな高性能セダンで知られるアルピナだが、最近はディーゼルのSUVを見かけることが珍しくない。アルピナ初のSUVモデルは「XD3ビターボ」だが、実際2013年の発売以来、世界中でこれまでにおよそ1000台が販売されたヒット作になったという。え? ヒット作なのにそれっぽっち? と訝(いぶか)る向きもあるだろう。

繰り返しになるが、多少の上下はあるもののアルピナの年間生産台数は現在も1600台程度だ。ニューモデルを投入する場合には既存モデルの生産を抑えなければならないアルピナにすれば、これはかなりの数なのである。ちなみにこだわりエンスーが多い日本は、そのおよそ2割が上陸するお得意さまである。

そんなアルピナの最新作もSUVだ。しかもクーペSUVの「X4」をベースとしたXD4である。クーペSUVのアルピナとしてはこちらも初めてとなるこれは、輸入車メーカーが軒並み欠席した2019年の東京モーターショーでお披露目された(ジャパンプレミア)新型車。ワールドプレミアの新型「B3」(こちらのデリバリーは2020年後半の予定)とともに、日本市場正規輸入開始から40周年を祝った記念すべきニューモデルである。

エンジンはBMWのB57型3リッター直6ディーゼルターボをベースとしながらも、例によって独自の冷却系やターボを採用したもの。シーケンシャル2ステージターボを2基搭載することから、アルピナの代名詞でもある「ビターボ」ではなく「クワッドターボ」と称している。

50年以上の歴史を刻むアルピナにおいて、SUVラインナップの第2弾となる「XD4」。2019年の東京モーターショーで日本初公開された。
50年以上の歴史を刻むアルピナにおいて、SUVラインナップの第2弾となる「XD4」。2019年の東京モーターショーで日本初公開された。拡大
左右4本出しとなる楕円(だえん)のテールパイプや、それを包み込むようなデザインのリアバンパー、小ぶりなリアスポイラーなどはアルピナ独自のもの。
左右4本出しとなる楕円(だえん)のテールパイプや、それを包み込むようなデザインのリアバンパー、小ぶりなリアスポイラーなどはアルピナ独自のもの。拡大
フロントスポイラーには、「ALPINA」のロゴと、「アルピナ・デコセット」と呼ばれるアルピナ伝統のデコレーションストライプがあしらわれている。
フロントスポイラーには、「ALPINA」のロゴと、「アルピナ・デコセット」と呼ばれるアルピナ伝統のデコレーションストライプがあしらわれている。拡大
「XD4」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1940×1620mm、ホイールベース=2865mm。車重は2120kgと発表されている。
「XD4」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4760×1940×1620mm、ホイールベース=2865mm。車重は2120kgと発表されている。拡大

クワッドターボの最強力版

グランドツアラーとしての性能を重視するアルピナは、実は昔から高性能ディーゼルエンジン車に積極的(最初の「D10ビターボ」は2000年発売)であり、現在はXD3の他にセダンの「D3ビターボ」や「D5 S」などもラインナップしている。

6気筒ディーゼルターボそのものにも何種類かの仕様があり、市場別に使い分けている(D5 Sにはトリプルターボ仕様もある)。新型XD4に搭載されたエンジンは、本家BMWの「X3 M40d」の最高出力326PS/4400rpmと最大トルク680N・m/1750-2750rpmはもとより、XD3の3リッターツインターボディーゼルの同333PS/4000-4600rpmと同700N・m/1750-2500rpmというスペックよりもさらにパワフルな同388PS/4000-5000rpm、同770N・m/1750-3000rpmを生み出す最強力版である。

同時にVGT(可変ジオメトリー)付き2ステージターボをダブルで装着しているのは間髪入れないレスポンスのためでもある。4.4リッターガソリンV8ツインターボ搭載の「B5ビターボ(最高出力608PS/最大トルク800N・m)ほどの怒涛(どとう)のパワーというわけではないが、最大トルクはほとんど匹敵するレベル、この強大なトルクを適切に路面に伝えるために4WD(オールラッド)であることは言うまでもない。

もはやスーパースポーツ並みのたくましいトルクのおかげで、ほんのわずかに右足に力をこめるだけで、車重2.1tあまりのボディーは瞬時に反応してくれる。さらに8段ATをキックダウンさせるほど踏めば、ヘッドアップディスプレイが壊れているのではないかと思うぐらいの勢いで数字が増えていく。それにもまして、ちょっと踏んでも踏んだ分だけスルリと応える繊細なレスポンスが上質感にあふれている。もちろん、絶対的にも遅いわけがなく、0-100km/h加速タイムは4.6秒、最高巡航速度は268km/hを誇るという。

低重心化を図ったという「XD4」のアルピナスポーツサスペンション。電子制御式ショックアブソーバーにスポーツショートスプリングが組み合わされている。
低重心化を図ったという「XD4」のアルピナスポーツサスペンション。電子制御式ショックアブソーバーにスポーツショートスプリングが組み合わされている。拡大
「クワッドターボ」と呼ばれる、シーケンシャル2ステージターボが2基搭載される「XD4」の3リッター直6ディーゼルエンジン。最高出力388PS、最大トルク770N・mを発生する。
「クワッドターボ」と呼ばれる、シーケンシャル2ステージターボが2基搭載される「XD4」の3リッター直6ディーゼルエンジン。最高出力388PS、最大トルク770N・mを発生する。拡大
ドイツで一番小さな自動車メーカーであるアルピナ。エンジンルームにあるシャシーナンバーは、ベース車両からアルピナ固有のものへと書き換えられている。
ドイツで一番小さな自動車メーカーであるアルピナ。エンジンルームにあるシャシーナンバーは、ベース車両からアルピナ固有のものへと書き換えられている。拡大
アルピナの創業者であるBURKARD BOVENSIEPEN(ブルカルト・ボーフェンジーペン)の名が刻まれたプレートをセンタークラスターの下に装着。
アルピナの創業者であるBURKARD BOVENSIEPEN(ブルカルト・ボーフェンジーペン)の名が刻まれたプレートをセンタークラスターの下に装着。拡大

格段に静かになった

従来のXD3やD5 Sは走っている限りは静かだったものの、アイドリング中に外から聞くと多少ガラガラといかにもディーゼルらしいエンジン音を発し、また低速では遠くでうなるようなビートも伝わってきたが、このXD4は格段に静かになっていた。インテリアの撮影中にエンジンがかかっているのかどうか分からず、思わず確かめたほどだ。アイドリングストップからの再始動の瞬間を除けば、本当に音も振動もディーゼルであることを感じさせないはずだ。

クラシックで奇をてらわないのがアルピナ流だったインストゥルメントパネルは、ベースモデルのモデルチェンジに伴って、大きなスクリーンを備えた最新のものに変更されており、メーターもキドニーグリルを半分に割ったようなフルデジタル式(回転計は反時計回り)となったが、スポーツモード以上を選ぶとアルピナのコーポレートカラーのブルーとグリーン地のメーター表示に変化する芸の細かさもある。

しっとりとした手触りのラヴァリナレザーで覆われたステアリングホイールのステッチもブルーとグリーンに縫い分けられている。インテリアトリムは現代風のピアノブラックだったが、もちろん望めばどのような仕様にも応えてくれるはずだ。

エクステリアも抑制されたスタイルが特徴的だが、このXD4の場合はオプション(50万円)の鍛造アルピナ・クラシック22インチホイールだけでかなりの迫力が漂っている。繊細なフィンスポーク(本数は例によって20本)が美しいホイールには、ピレリと共同開発したアルピナ専用(ALPの文字がサイドウオールに刻印されている)の「Pゼロ」タイヤが組み合わされていたが、さすがに22インチは大きすぎたのか、珍しいことに荒れた路面ではタイヤを抑えきれていないようなバタつき感が残った。

ボディーサイドなどに付けられるストライプ「アルピナ・デコセット」は、ゴールドとシルバーの2色が用意されている。試乗車はシルバーが選択されていた。
ボディーサイドなどに付けられるストライプ「アルピナ・デコセット」は、ゴールドとシルバーの2色が用意されている。試乗車はシルバーが選択されていた。拡大
ブルーとグリーンのステッチが入れられたラヴァリナレザーのステアリングホイールを装備。スポーク裏側には、「スウィッチトロニック」と呼ばれるマニュアル変速用のプッシュスイッチが備わる。
ブルーとグリーンのステッチが入れられたラヴァリナレザーのステアリングホイールを装備。スポーク裏側には、「スウィッチトロニック」と呼ばれるマニュアル変速用のプッシュスイッチが備わる。拡大
フルデジタルのメーターパネル。ドライビングモードで「スポーツ」以上を選ぶとメーター表示色にアルピナのコーポレートカラーであるブルーとグリーンが用いられるようになる。写真は「スポーツプラス」選択時の表示。
フルデジタルのメーターパネル。ドライビングモードで「スポーツ」以上を選ぶとメーター表示色にアルピナのコーポレートカラーであるブルーとグリーンが用いられるようになる。写真は「スポーツプラス」選択時の表示。拡大
今回の試乗車には、オプションの「アルピナ・クラシック22インチホイール」に前255/35ZR22、後ろ295/30ZR22サイズの「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていた。標準仕様のホイールサイズは20インチとなる。
今回の試乗車には、オプションの「アルピナ・クラシック22インチホイール」に前255/35ZR22、後ろ295/30ZR22サイズの「ピレリPゼロ」タイヤが組み合わされていた。標準仕様のホイールサイズは20インチとなる。拡大

かつてない硬派な乗り心地

よく尋ねられることだが、アルピナと「M」との最大の違いは、瞬間的な速さよりもグランドツーリング性能を重視しているアルピナがよりラグジュアリーで洗練されていることだ。高性能車はガッチリ硬い足まわりが当たり前と考えている人も少なくないと思うが、実はアルピナ各車はまったくスパルタンな感じはしない。

その点がとにかくガツガツ硬派なMやAMGとは異なるところで、そのためにアルピナは巨大なタイヤとサスペンションのマッチングにこだわってきた。ところが、このXD4はかつてなかったことだが、日本の平均的なスピードでは明確な突き上げを伝えてくることもあり、初めてちょっと硬すぎるかもしれないと感じた。

能役者のように腰の位置が動かず、路面をなめるように移動するアルピナらしい足さばきをSUVで実現するのは彼らにしても容易ではないのかもしれない。万事控えめを旨とするアルピナとしては珍しい22インチホイールは確かにクールでかっこいいが、標準装着品でも20インチなのだから、その点はぜひ試乗して確かめていただきたい。

(文=高平高輝/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

標準装備となるヴァーネスカレザーのフロントシート。アルピナのメタルエンブレムが背もたれ上部に装着されている。
標準装備となるヴァーネスカレザーのフロントシート。アルピナのメタルエンブレムが背もたれ上部に装着されている。拡大
後席の背もたれには40:20:40の分割可倒機構が備わっている。試乗車ではオプションのリアシートヒーティング(6万7000円)が選択されていた。
後席の背もたれには40:20:40の分割可倒機構が備わっている。試乗車ではオプションのリアシートヒーティング(6万7000円)が選択されていた。拡大
0-100km/h加速タイム4.6秒、最高巡航速度268km/hというパフォーマンスを発揮する「XD4」。WLTCモードの燃費値は11.9km/リッター。
0-100km/h加速タイム4.6秒、最高巡航速度268km/hというパフォーマンスを発揮する「XD4」。WLTCモードの燃費値は11.9km/リッター。拡大

テスト車のデータ

BMWアルピナXD4

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4760×1940×1620mm
ホイールベース:2865mm
車重:2120kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:388PS(285kW)/4000-5000rpm
最大トルク:770N・m(78.5kgf・m)/1750-3000rpm
タイヤ:(前)255/35ZR22 99Y/(後)295/30ZR22 103Y(ピレリPゼロ)
燃費:11.9km/リッター(WLTCモード)
価格:1385万円/テスト車=1582万7000円
オプション装備:ボディーカラー<BMWインディビジュアル フラメンコレッド>(40万6000円)/アクティブシートベンチレーション(4万1000円)/BMWインディビジュアル インテリアトリム ピアノブラック(10万円)/ヘッドレスト アルピナロゴ(9万4000円)/アルピナ・クラシック22インチホイール&タイヤセット(50万円)/遮音ガラス(3万3000円)/電動ガラスパノラマサンルーフ(20万6000円)/サンプロテクションガラス(8万7000円)/ノンスモーカーパッケージ(0円)/ランバーサポート(5万3000円)/リアシートヒーティング(6万7000円)/TVチューナー(13万8000円)/ヘッドアップディスプレイ(15万6000円)/harman/kardonサラウンドサウンドシステム(9万6000円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:2582km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:238.0km
使用燃料:25.2リッター(軽油)
参考燃費:9.4km/リッター(満タン法)/13.6km/リッター(車載燃費計計測値)

BMWアルピナXD4
BMWアルピナXD4拡大
 
BMWアルピナXD4(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
BMWアルピナXD4(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMWアルピナ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。