アルピーヌが「A110」の限定モデルやパーソナライゼーションプログラムを日本に導入

2020.03.04 自動車ニュース
アルピーヌA110リネージGT
アルピーヌA110リネージGT拡大

アルピーヌ・ジャポンは2020年3月4日、仏本国で発表された「アルピーヌA110」の限定モデル「リネージGT」「カラーエディション2020」、およびアルピーヌA110のパーソナライゼーションプログラムを、順次日本に導入すると発表した。

「A110リネージGT」のインテリア。
「A110リネージGT」のインテリア。拡大
A110カラーエディション2020
A110カラーエディション2020拡大
「A110カラーエディション2020」のボディーカラーには「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」が採用される。
「A110カラーエディション2020」のボディーカラーには「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」が採用される。拡大

今回の限定モデルは、2020年3月3日(現地時間)に、アルピーヌ本社に併設されるショールーム「スタジオ アルピーヌ」で発表されたものである。

リネージGTはカタログモデルの上級グレード「リネージ」をベースに内外装をエレガントに仕上げたモデルとされており、新色1色を含む3色のボディーカラーが用意されるという。販売台数はグローバルで400台。日本導入は2020年春ごろの予定となっている。

一方、カラーエディション2020は、毎年受注期間限定で販売するモデルで、特別なカラーリングが特徴となっている。2020年モデルは高性能モデル「A110S」をベースに、ボディーカラーに「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」を採用している。日本導入は2020年夏ごろの予定。

また「アトリエ アルピーヌ」は、29色の新色ボディーカラーと、3種類のホイール(それぞれ3色のカラーバリエーションあり)、4色のブレーキキャリパーカラーを自由に組み合わせてオーダーできる、パーソナライゼーションプログラムである。日本導入は2020年秋ごろを予定しているという。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース