アルピーヌが「A110」の限定モデルやパーソナライゼーションプログラムを日本に導入

2020.03.04 自動車ニュース
アルピーヌA110リネージGT
アルピーヌA110リネージGT拡大

アルピーヌ・ジャポンは2020年3月4日、仏本国で発表された「アルピーヌA110」の限定モデル「リネージGT」「カラーエディション2020」、およびアルピーヌA110のパーソナライゼーションプログラムを、順次日本に導入すると発表した。

「A110リネージGT」のインテリア。
「A110リネージGT」のインテリア。拡大
A110カラーエディション2020
A110カラーエディション2020拡大
「A110カラーエディション2020」のボディーカラーには「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」が採用される。
「A110カラーエディション2020」のボディーカラーには「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」が採用される。拡大

今回の限定モデルは、2020年3月3日(現地時間)に、アルピーヌ本社に併設されるショールーム「スタジオ アルピーヌ」で発表されたものである。

リネージGTはカタログモデルの上級グレード「リネージ」をベースに内外装をエレガントに仕上げたモデルとされており、新色1色を含む3色のボディーカラーが用意されるという。販売台数はグローバルで400台。日本導入は2020年春ごろの予定となっている。

一方、カラーエディション2020は、毎年受注期間限定で販売するモデルで、特別なカラーリングが特徴となっている。2020年モデルは高性能モデル「A110S」をベースに、ボディーカラーに「ジョン トゥルヌソル(イエロー)」を採用している。日本導入は2020年夏ごろの予定。

また「アトリエ アルピーヌ」は、29色の新色ボディーカラーと、3種類のホイール(それぞれ3色のカラーバリエーションあり)、4色のブレーキキャリパーカラーを自由に組み合わせてオーダーできる、パーソナライゼーションプログラムである。日本導入は2020年秋ごろを予定しているという。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【試乗記】 2020.2.26 試乗記 新生「アルピーヌA110」のハイパフォーマンスバージョン「A110S」に試乗。+40PSのエンジンパワーと固く引き締められた足まわりがもたらした、ノーマルモデルとの走りの違いをリポートする。
  • ひまわり色の「アルピーヌA110」期間限定で受注スタート 2020.6.5 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンは2020年6月5日、「アルピーヌA110」の特別仕様車「A110カラーエディション2020」を導入すると発表した。1960年代から70年代に人気を博したというイエローのボディーカラー「ジョン トゥルヌソル」を採用している。
  • 半世紀の時を超えて 新旧「アルピーヌA110」に見るフレンチスポーツの進化 2020.3.6 デイリーコラム 復活、復刻、リバイバル。往年の名車を思わせるモデルがさまざまなブランドから登場するなか、筆者は「アルピーヌA110S」の走りに大きな衝撃を受けたという。スポーツカーの進化について、ひとりのクルマ好きが語った。
ホームへ戻る