1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場

2020.03.12 自動車ニュース
トヨタ86 GT“ブラックリミテッド”
トヨタ86 GT“ブラックリミテッド”拡大

トヨタ自動車は2020年3月12日、FRスポーツカー「86(ハチロク)」の限定車「GT“BLACK LIMITED(ブラックリミテッド)”」を発表した。注文の受け付け期間は同年3月12日の13時30分から同年4月16日までで、同年5月21日に発売する。販売台数は、MT車とAT車が43台ずつの計86台。

 
1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場の画像拡大
 
1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場の画像拡大
 
1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」の限定車が登場の画像拡大
「トヨタ・スプリンター トレノGT APEX“ブラックリミテッド”」。1986年に400台の台数限定で発売された。
「トヨタ・スプリンター トレノGT APEX“ブラックリミテッド”」。1986年に400台の台数限定で発売された。拡大

今回のGT“ブラックリミテッド”は、カタログモデルの「GT」をベースとする限定車。外装色はクリスタルブラックシリカとブロンズカラーの組み合わせとなっており、1986年に発売されたAE86型「スプリンター トレノ」の最終特別仕様車「GT APEX“ブラックリミテッド”」を想起させるモデルに仕立てられた。

内装色はブラックで、シートやメーターバイザーなどにはスエード調の表皮を採用。ブレンボのブレーキやザックス製のショックアブソーバーなど、走行性能を高めるアイテムも装着されている。

主な特別装備は以下の通り。

  • 専用17インチアルミホイール(ブロンズ)
  • ブレンボ製17インチベンチレ―テッドディスクブレーキ
  • ザックス製ショックアブソーバー
  • リアスポイラー(ブラック)
  • フロア下およびタンク下のアンダーカバー
  • インストゥルメントパネル助手席前方の「BLACK LIMITED」刺しゅう(ブロンズカラー)
  • 本革×アルカンターラのシート表皮
  • 前席シートヒーター
  • グランリュクスのインストゥルメントパネルオーナメントおよびメーターバイザー

価格はMT車が351万8600円で、AT車が358万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
86, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGR 86 2021.4.5 画像・写真 トヨタが「GR 86」を世界初公開。外装は「トヨタ86」の面影を残しつつパネル類を全面刷新。運転のしやすさに配慮してMT仕様とAT仕様でセンターコンソールの高さを変えるなど、内装にも工夫が凝らされている。2021年秋発売予定の新型スポーツカーを写真で紹介する。
  • 新型「スバルBRZ」&「トヨタGR 86」の味つけの違いを読み解く 2021.4.14 デイリーコラム 新型「スバルBRZ」と「トヨタGR 86」がデビューした。よく知られている通り2台は基本コンポーネンツを共有する兄弟車だが、乗り味まで同じだったらどちらかが存在すれば十分だ。トヨタとスバル、それぞれの味つけの違いを読み解く。
  • 「トヨタGR 86」と新型「スバルBRZ」 新しいスポーツカーの誕生から協業の成果を思う 2021.4.16 デイリーコラム トヨタとスバルが、「GR 86/BRZ」の開発者によるオンライントークショーを共同開催! 類例のない共催イベントと、そこで語られた内容からは、企業風土もモノづくりへのアプローチも異なる2社による、協業の“今”を垣間見ることができた。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
  • トヨタがスポーツカー「GR 86」を世界初公開 「トヨタ86」の後継を担い2021年秋に登場 2021.4.5 自動車ニュース トヨタが「GR 86」を世界初公開した。スバルと共同開発した水平対向エンジンのスポーツカーで、従来型の「トヨタ86」より排気量を拡大した2.4リッターの新型エンジンを搭載。日本での発売時期は、2021年秋ごろの予定となっている。
ホームへ戻る