「モト・グッツィV7 III」に“70年代スタイル”の新モデル「スペシャル」が登場

2020.03.30 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2020年3月27日、ネイキッドタイプの大型二輪「モト・グッツィV7 III」に、クラシカルな意匠が特徴の新モデル「V7 IIIスペシャル」を設定し、注文受け付けを開始した。納車開始は同年5月中旬を予定している。

モト・グッツィV7 IIIは、744ccの空冷Vツインエンジンを縦置きに搭載した、ネイキッドスポーツモデルである。

今回追加されたV7 IIIスペシャルは、同車をベースに70年代のバイクをほうふつさせるデザインを取り入れたもので、1975年製「V750 S3」をイメージしたサイドカバーのストライプや燃料タンクのグラフィック、エンジン回転計を備えた2眼式メーターなどを採用。スポークホイールのアルミ製リムはポリッシュ仕上げで、ハブはブラック塗装としている。

また、「MOTO GUZZI」のロゴが刺しゅうされたダークブラウンのシートにも、70年代スタイルを強調するタックロール加工を採用。シートまわりにはクロームメッキのパッセンジャーグラブレールも装備している。

カラーリングは「オニスブラック」と「クリスタルグレー」の2種類。価格は117万7000円となっている。

(webCG)

モト・グッツィV7 IIIスペシャル
モト・グッツィV7 IIIスペシャル拡大

関連キーワード:
V7, モト・グッツィ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • モト・グッツィV7スペシャル(6MT)【レビュー】 2021.5.29 試乗記 イタリアの名門、モト・グッツィのネイキッドバイク「V7」。新開発の850ccエンジンを得た最新型では、どんな走りが楽しめる? クラシカルな外観が特徴のグレード「V7スペシャル」で確かめた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る