「モト・グッツィV7 III」に“70年代スタイル”の新モデル「スペシャル」が登場

2020.03.30 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2020年3月27日、ネイキッドタイプの大型二輪「モト・グッツィV7 III」に、クラシカルな意匠が特徴の新モデル「V7 IIIスペシャル」を設定し、注文受け付けを開始した。納車開始は同年5月中旬を予定している。

モト・グッツィV7 IIIは、744ccの空冷Vツインエンジンを縦置きに搭載した、ネイキッドスポーツモデルである。

今回追加されたV7 IIIスペシャルは、同車をベースに70年代のバイクをほうふつさせるデザインを取り入れたもので、1975年製「V750 S3」をイメージしたサイドカバーのストライプや燃料タンクのグラフィック、エンジン回転計を備えた2眼式メーターなどを採用。スポークホイールのアルミ製リムはポリッシュ仕上げで、ハブはブラック塗装としている。

また、「MOTO GUZZI」のロゴが刺しゅうされたダークブラウンのシートにも、70年代スタイルを強調するタックロール加工を採用。シートまわりにはクロームメッキのパッセンジャーグラブレールも装備している。

カラーリングは「オニスブラック」と「クリスタルグレー」の2種類。価格は117万7000円となっている。

(webCG)

モト・グッツィV7 IIIスペシャル
モト・グッツィV7 IIIスペシャル拡大

関連キーワード:
V7, モト・グッツィ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モト・グッツィV7 IIIラフ(MR/6MT)【レビュー】 2019.10.26 試乗記 モト・グッツィの基幹モデル「V7」シリーズの中でも、適度なオフロードテイストが魅力の「V7 IIIラフ」。伝統のVツインエンジンとはやりのスクランブラースタイルを同時に楽しめる一台は、幅広いライダーにお薦めできる、多才で味わい深いマシンに仕上がっていた。
  • カワサキZ H2(MR/6MT)【レビュー】 2020.5.21 試乗記 240kgの車体に最高出力200PSのスーパーチャージドエンジンを抱く「カワサキZ H2」。クルマでいうなら1000PS級のネイキッドバイクは、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?
  • モト・グッツィV85 TT(MR/6MT)【レビュー】 2019.7.6 試乗記 縦置きVツインという、ユニークなエンジンレイアウトのバイクを多数手がけるモト・グッツィから、新たにアドベンチャーモデル「V85 TT」が登場。クラシカルなスタイリングとモダンなテクノロジーを併せ持つニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • モト・グッツィV7 IIIストーン(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.9 試乗記 バルン! バルン! とビートを打つエンジンに、シンプルで味わい深いスタイリング。伝統の“空冷Vツイン”を積んだモト・グッツィの最新モデル「V7 IIIストーン」に、わが道を突き進むイタリアンメーカーの心意気を見た。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
ホームへ戻る