往年の高性能モデルをオマージュ 「モト・グッツィV7 III」に750台の限定モデル登場

2020.03.30 自動車ニュース

ピアッジオグループジャパンは2020年3月27日、ネイキッドスポーツタイプの大型二輪モデル「モト・グッツィV7 III」に特別仕様車「V7 IIIストーンS」を設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車開始は同年5月中旬を予定している。

車両の各所に専用の装備やデザインを採用

V7 IIIストーンSは、赤いフレームが特徴の 1971 年式「V7スポーツ」や、1974年式「750 S」など、モト・グッツィがリリースした1970年代の高性能モデルをオマージュした特別仕様車である。生産台数は世界限定750台で、ハンドルバーライザーにはシリアル番号が刻まれている。

最大の特徴は既存のモデルとは異なる意匠にあり、黒色のレザーストラップが目を引くサテンクローム仕上げの燃料タンクや、ブラックアルマイト加工を行ったアルミ製ビレットのロック式燃料タンクキャップ、専用ロゴをあしらったアルミ製のサイドカバーを採用。ヘッドランプやテールランプ、ウインカーなどは「V7 IIIストーン ナイトパック」と同じくLED式となっており、同車にモダンで先進的なイメージを加味しているという。

シートもV7 IIIストーンS専用に仕立てられており、表皮にははっ水加工を施したアルカンターラを採用。燃料タンクの“イーグルバッジ”やリアショックアブソーバー、シートステッチに用いられた赤いアクセントカラーに加え、ナチュラルなアルマイト加工のスロットルボディーカバー、低い位置に取り付けられたアナログ式シングルメーター、短くスマートなマッドガード、新型のバーエンドバックミラーも同車の特徴としている。

このほかにも、タイヤにはダンロップの「アローマックス ストリートスマート」を初採用。ダイナミックな特性と新しいスポーティー感を演出しているという。

カラーリングは「スポルティーボグレー」のみ。価格は129万8000円。

(webCG)

モト・グッツィV7 IIIストーンS
モト・グッツィV7 IIIストーンS拡大

関連キーワード:
V7, モト・グッツィ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モト・グッツィV7 IIIラフ(MR/6MT)【レビュー】 2019.10.26 試乗記 モト・グッツィの基幹モデル「V7」シリーズの中でも、適度なオフロードテイストが魅力の「V7 IIIラフ」。伝統のVツインエンジンとはやりのスクランブラースタイルを同時に楽しめる一台は、幅広いライダーにお薦めできる、多才で味わい深いマシンに仕上がっていた。
  • TOM'Sセンチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2020.4.28 試乗記 レーシングチームであるTOM'S(トムス)が仕立てたコンプリートカー「TOM'Sセンチュリー」に試乗。日本が誇るショーファードリブンは、TOM'Sの手でどのような“ドライバーズカー”に生まれ変わったのだろうか。
  • 「モト・グッツィV7 III」に“70年代スタイル”の新モデル「スペシャル」が登場 2020.3.30 自動車ニュース 「モト・グッツィV7 III」に、よりクラシカルなデザインの新モデル「スペシャル」が登場。1975年製「V750 S3」をイメージしたというタンクやサイドカバーのグラフィック、専用デザインのホイール、タックロール加工のシートなどが特徴となっている。
  • モト・グッツィV7 IIIストーン(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.9 試乗記 バルン! バルン! とビートを打つエンジンに、シンプルで味わい深いスタイリング。伝統の“空冷Vツイン”を積んだモト・グッツィの最新モデル「V7 IIIストーン」に、わが道を突き進むイタリアンメーカーの心意気を見た。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
ホームへ戻る