「ジープ・グランドチェロキー」と「コンパス」にオフロード性能を高めた限定モデル登場

2020.04.02 自動車ニュース
3つのボディーカラー合計で152台が販売される「ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク」(左)と、台数限定100台の「コンパス トレイルホーク」(右)。
3つのボディーカラー合計で152台が販売される「ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク」(左)と、台数限定100台の「コンパス トレイルホーク」(右)。拡大

FCAジャパンは2020年4月2日、ジープのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」とコンパクトSUV「コンパス」に、オフロード性能を高め、装備を充実させた限定モデル「トレイルホーク」を設定し、同年4月18日に発売すると発表した。

ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク
ジープ・グランドチェロキー トレイルホーク拡大
「グランドチェロキー トレイルホーク」のインテリア。
「グランドチェロキー トレイルホーク」のインテリア。拡大

グランドチェロキー トレイルホークは152台限定で販売

グランドチェロキー トレイルホークは、リアアクスルに電子制御式LSDを採用した「クォドラドライブII 4×4システム」を搭載し、滑りやすい路面でも安定した走行を実現。さらに急勾配の登り坂や下り坂を一定の速度で安定して走行できる「セレクスピードコントロール」を装備し、高い走破性を誇るという。

搭載されるエンジンは最高出力290PS、最大トルク347N・mの3.6リッターV6で、8段ATを組み合わせている。

エクステリアでは、フロントグリルやドアミラーカバーにナチュラルグレーのアクセントカラーが用いられた。特別装備としてマットブラックのボンネットデカールやピアノブラックのベルトモール、専用18インチアルミホイール、車体を保護するスキッドプレートなどに加え、レッドのけん引フックや「Trail Rated」バッジ、レッドのアクセントカラーをあしらったナチュラルグレーの「Jeep」「Grand Cherokee」のバッジが採用されている。

インテリアでは、レザーとスエードを組み合わせた「TRAILHAWK」ロゴ入りシートやレッドステッチをあしらったインテリアアクセントが専用装備となる。

ボディーカラーと販売台数は、「グラナイトクリスタルメタリックC/C」が74台、「ダイヤモンドブラッククリスタルP/C」が68台、「ベルベットレッドP/C」が10台の合計152台。価格は674万円。

ジープ・コンパス トレイルホーク
ジープ・コンパス トレイルホーク拡大
「コンパス トレイルホーク」のインテリア。
「コンパス トレイルホーク」のインテリア。拡大

台数限定100台のコンパス トレイルホーク

コンパス トレイルホークは、オフロードの走破性を向上させる極低速走行用の「ジープアクティブドライブロー」や急な下り勾配路で自動的に安全な速度を保つ「ヒルディセントコントロール」を搭載。

エンジンは2.4リッター直4で、最高出力175PS、最大トルク229N・mを発生。組み合わされるトランスミッションは9段ATである。

エクステリアでは、ダークグレーのアクセント付きブラックグリルやダークグレードアミラー、ダークグレールーフレール、スキッドプレート、レッドの「Trail Rated」バッジが専用装備として採用されている。

インテリアでは、レザーとファブリックを組み合わせた「TRAILHAWK」ロゴ入りコンビネーションシートやレッドステッチ入りのインテリアアクセント、リバーシブルカーゴフロア、ラバーフロアマットを専用装備している。

ボディーカラーは、通常モデルには設定のない「グレーマグネシオメタリックP/C」のみ。販売台数は限定100台で、価格は422万円。

(webCG)

関連キーワード:
グランドチェロキー, コンパス, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る