最適ルートはAIだけが知っている!? カーナビのルート案内最前線

2020.04.08 デイリーコラム

ドライバーの好みに応じたルート案内

都内から首都高速湾岸線で東京ディズニーリゾート(TDR)へ向かう。カーナビが案内するのは最寄り出口である葛西経由のルート。しかし、葛西周辺は渋滞が激しく、それを知るドライバーは次の浦安出口で降り、折り返すようにしていち早くTDRへ到着。実はTDR公式サイトで推奨されているルートも浦安経由なのだ。

ルート選択に唯一無二の正解はない。少々遠回りでも幹線道路を好む人もいれば、裏道好きの人もいる。短距離でも高速道路を使う人もいれば、下道に徹する人もいる。こうした各ドライバーの運転の傾向に基づき推奨ルートを提供してくれるのが、ナビタイムジャパンのスマートフォンアプリ『カーナビタイム』だ。

推奨の根拠となるのは各ドライバーの過去の走行データ。高速道路利用率や細道利用率、渋滞回避率、最短距離率、運転速度などの特徴を抽出して人工知能(AI)で分析する。分析の根拠となるデータが異なるため、同じ時間帯に同じ区間で検索しても、AさんとBさんとでは違う検索結果が出てくるという。

ナビタイムジャパンの『カーナビタイム』は過去の走行データからドライバーの好みを学習し、AIで分析。同じ目的地に行く場合でもドライバーによって異なるルートを推奨する。
ナビタイムジャパンの『カーナビタイム』は過去の走行データからドライバーの好みを学習し、AIで分析。同じ目的地に行く場合でもドライバーによって異なるルートを推奨する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事