自動車を取り巻く環境がわずか1年で激変 激動の「1970年」をクルマで振り返る

2020.04.13 デイリーコラム

万博が示した明るいビジョンの陰で

新型コロナ問題でそれどころではなくなってしまったが、先月で大阪万博(日本万国博覧会)が開幕してからちょうど50年、半世紀が経過した。「人類の進歩と調和」というテーマを掲げた、1970年代の幕開けにふさわしい一大イベントだった大阪万博。アジア初開催となる万博の会場で提示されたのは、輝かしい未来のビジョン。夢に見た“スペースエイジ”の到来に期待が高まった。

そのいっぽうで、1970年は高度経済成長の生んだひずみのひとつである公害問題が、一気に顕在化した年でもあった。光化学スモッグの発生をはじめとする大気汚染、有鉛ガソリンによる鉛中毒、河川や港湾の有害ヘドロ問題などなど。そうした現実を前に、「今日よりも明るく豊かな明日ではなく、もしかしたら暗く厳しい未来が訪れてしまうのでは」という不安も頭をもたげてしまったのである。

未来に対する希望と不安の同居は、自動車社会にもそのまま当てはまった。日進月歩の勢いで高性能化していた1960年代の流れを受け継ぎ、新時代に向けたモデルも続々と登場していた。しかし、前述した大気汚染の大きな要因が自動車の排出ガスであるのは明らかだった。また“交通戦争”と言われた交通安全問題も深刻だった。1万6735人というこの年の交通事故死者数は、史上最悪の記録として今も残っている。ちなみに昨2019年は過去最少の3215人だから、半世紀の間に5分の1未満に減ったことになる。

明るい未来が提示された、1970年の東京モーターショーにおけるトヨタブースの光景。中央はレーシングプロトタイプ「トヨタ7」の5リッターV8 DOHCエンジンをミドシップしたコンセプトカー「EX7」。
明るい未来が提示された、1970年の東京モーターショーにおけるトヨタブースの光景。中央はレーシングプロトタイプ「トヨタ7」の5リッターV8 DOHCエンジンをミドシップしたコンセプトカー「EX7」。拡大
1970年に発行された『CAR GRAPHIC』誌の論説。公害と安全に関するテーマが多く、うちひとつは「からすは鳴かぬ日はあっても、“安全”と“公害”が新聞にのらぬ日はないといってよいほどに〜」という書き出しに始まっている。
1970年に発行された『CAR GRAPHIC』誌の論説。公害と安全に関するテーマが多く、うちひとつは「からすは鳴かぬ日はあっても、“安全”と“公害”が新聞にのらぬ日はないといってよいほどに〜」という書き出しに始まっている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事