「アウディA3」の特別仕様車「シグネチャーエディション」発売

2020.04.14 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2020年4月14日、「A3スポーツバック/セダン」に特別仕様車「シグネチャーエディション」を設定し、販売を開始した。

アウディA3のシグネチャーエディションは1.4リッターターボエンジン搭載車「30 TFSI」「30 TFSIスポーツ」と2リッターターボエンジン搭載車「40 TFSIクワトロ」「40 TFSIクワトロ スポーツ」の、全グレードに設定される。

これまでオプションだったLEDライトパッケージとコンビニエンスパッケージ(デラックスオートマチックエアコンディショナー、アドバンストキー、アウディパーキングシステム、リアビューカメラ)およびアクセサリーのドアエントリーライト(フォーリングス)を標準装備としたほか、新たにオプションとしてテクノロジーパッケージ(フロント電動調整機能、マトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインジケーター、A3には新規導入のワイヤレスチャージング、アウディ スポーツ製18インチアルミホイール)を設定。さらに、オプションのナビゲーションプラスパッケージとSラインパッケージ、ラグジュアリーパッケージの内容を変更し、価格を見直している。

ラインナップと価格は以下の通り。

【A3スポーツバック】

  • 30 TFSIシグネチャーエディション:330万円
  • 30 TFSIスポーツ シグネチャーエディション:363万円
  • 40 TFSIクワトロ シグネチャーエディション:441万円
  • 40 TFSIクワトロ スポーツ シグネチャーエディション:467万円

【A3セダン】

  • 30 TFSIシグネチャーエディション:349万円
  • 30 TFSIスポーツ シグネチャーエディション:382万円
  • 40 TFSIクワトロ シグネチャーエディション:459万円
  • 40 TFSIクワトロ スポーツ シグネチャーエディション:486万円

(webCG)

アウディA3スポーツバック シグネチャーエディション
アウディA3スポーツバック シグネチャーエディション拡大

関連キーワード:
A3スポーツバック, A3セダン, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • アウディS3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.8.30 試乗記 1リッターエンジン搭載車が評判の新型「アウディA3」だが、同じコンパクトボディーにハイパワーな2リッターターボエンジンと4WDシステムを詰め込んだ「S3」は、やはり格別だ。ことに端正なフォルムが自慢の「セダン」は、まさに隙のない一台に仕上がっている。
  • アウディS3スポーツバック ファーストエディション(後編) 2021.9.9 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回試乗したのは、「アウディS3スポーツバック ファーストエディション」。可変サスペンションを装備する高性能ハッチバックの走りは、プロの目にどう映ったのか?
ホームへ戻る