「アウディA3」の特別仕様車「シグネチャーエディション」発売

2020.04.14 自動車ニュース

アウディ ジャパンは2020年4月14日、「A3スポーツバック/セダン」に特別仕様車「シグネチャーエディション」を設定し、販売を開始した。

アウディA3のシグネチャーエディションは1.4リッターターボエンジン搭載車「30 TFSI」「30 TFSIスポーツ」と2リッターターボエンジン搭載車「40 TFSIクワトロ」「40 TFSIクワトロ スポーツ」の、全グレードに設定される。

これまでオプションだったLEDライトパッケージとコンビニエンスパッケージ(デラックスオートマチックエアコンディショナー、アドバンストキー、アウディパーキングシステム、リアビューカメラ)およびアクセサリーのドアエントリーライト(フォーリングス)を標準装備としたほか、新たにオプションとしてテクノロジーパッケージ(フロント電動調整機能、マトリクスLEDヘッドライト、フロントダイナミックターンインジケーター、A3には新規導入のワイヤレスチャージング、アウディ スポーツ製18インチアルミホイール)を設定。さらに、オプションのナビゲーションプラスパッケージとSラインパッケージ、ラグジュアリーパッケージの内容を変更し、価格を見直している。

ラインナップと価格は以下の通り。

【A3スポーツバック】

  • 30 TFSIシグネチャーエディション:330万円
  • 30 TFSIスポーツ シグネチャーエディション:363万円
  • 40 TFSIクワトロ シグネチャーエディション:441万円
  • 40 TFSIクワトロ スポーツ シグネチャーエディション:467万円

【A3セダン】

  • 30 TFSIシグネチャーエディション:349万円
  • 30 TFSIスポーツ シグネチャーエディション:382万円
  • 40 TFSIクワトロ シグネチャーエディション:459万円
  • 40 TFSIクワトロ スポーツ シグネチャーエディション:486万円

(webCG)

アウディA3スポーツバック シグネチャーエディション
アウディA3スポーツバック シグネチャーエディション拡大

関連キーワード:
A3スポーツバック, A3セダン, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A3スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.12 試乗記 最高出力450PSの2.9リッターV6ターボエンジンと、伝統のフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディRS 4アバント」。ハイテクで身を固めたアウディ自慢の高性能スポーツワゴンは、いかなる走りを見せるのか? 改良を受けたポイントとともに紹介する。
  • アウディA1シティーカーバー リミテッドエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.2.16 試乗記 アウディが新たに提案する、SUVっぽいコンパクトカー「A1シティーカーバー」。雰囲気だけのニッチなモデルかと思いきや、いざステアリングを握ってみると、このクロスオーバーならではのメリットがみえてきた。
  • BMW M550i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.6 試乗記 最新の「BMW 5シリーズ」のなかから、「M5」に次ぐ高性能モデル「M550i xDrive」に試乗。パワフルかつ上質なパワートレインと、タフで洗練された足まわりを併せ持つ一台は、わずかな弱点はあるものの、見事な出来栄えのクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS Q3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2021.3.19 試乗記 「アウディQ3」のトップパフォーマンスモデル「RS Q3」が2代目に進化。パワーアップした5気筒ターボエンジンやド派手なエクステリアパーツを手にした新型は、スポーツモデルとしての存在感がさらに強くなっている。クーペボディーの「スポーツバック」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る