「BMW M2コンペティション」にグラフィティーアーティストとコラボした限定車

2020.04.24 自動車ニュース
BMW M2エディションデザインドバイフューチュラ2000
BMW M2エディションデザインドバイフューチュラ2000拡大

BMWジャパンは2020年4月23日、「BMW M2コンペティション」の特別仕様車「Edition Designed by Futura 2000(エディションデザインドバイフューチュラ2000)」を導入すると発表した。世界限定500台のうち、日本では10台のみが販売される。

 
「BMW M2コンペティション」にグラフィティーアーティストとコラボした限定車の画像拡大
 
「BMW M2コンペティション」にグラフィティーアーティストとコラボした限定車の画像拡大
※日本仕様は右ハンドル
※日本仕様は右ハンドル拡大
 
「BMW M2コンペティション」にグラフィティーアーティストとコラボした限定車の画像拡大
 
「BMW M2コンペティション」にグラフィティーアーティストとコラボした限定車の画像拡大

今回のBMW M2エディションデザインドバイフューチュラ2000は、BMWと著名なグラフィティーアーティストであるFUTURA 2000とのコラボレーションモデルだ。FUTURA 2000が手がけたグラフィックを施した、唯一無二の内外装デザインが特徴となっている。

ブラックをベースとした外装には、前後バンパーを中心に、稲妻をほうふつとさせる不規則なラインとともに丸いのこぎり刃のような意匠がちりばめられている。さらに、霧がかかったようなシルバーのペイントを施すことで車両の凹凸を強調。足元にはデザインと調和するジェットブラックの19インチMライトアロイYスポーク スタイリング763Mホイールを装備する。

内装では、ダッシュボードやセンターコンソールに外装と同様のコンセプトの模様が描かれるほか、ドアシルには限定仕様の通し番号とともにFUTURA 2000のサインが刻まれた特製トリムを装備。フロントのMスポーツシートには、FUTURA 2000のデザインコンセプトに合わせて、ブラックとアイボリーホワイトのバイカラー(ポーラーブルーのコントラストステッチ入り)のダコタレザーを採用した。

価格は1050万円。右ハンドル・7段のデュアルクラッチ式AT仕様のみが設定される。

(webCG)

関連キーワード:
M2クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M2クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • 最高出力621PSの高性能3列シートSUV「BMWアルピナXB7」登場 2020.5.19 自動車ニュース 独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは2020年5月19日、高性能な3列シートSUV「BMWアルピナXB7」の日本導入を発表。同日、予約受け付けを開始した。
ホームへ戻る