クルマの使い方はどう変わる? アフターコロナの世界

2020.05.06 デイリーコラム

あれほど見たかったはずなのに

多くの国民が暇を持て余しています。どちらかというと普段から自宅勤務でわりと暇な私は、会社勤めの方々よりも生活の変化は少ないかもしれませんが、平日でも子供が学校へ行かずに家にいるというのは大きな変化です。

不思議なもので、忙しくしている時にあれも見たいしこれも見たいけど時間がないと思っていた「Amazonプライム・ビデオ」や「Netflix」をはじめとするさまざまな動画配信サービスですが、いざあり余る時間ができてからあらためて物色すると、大した作品が見当たらないのはどういうからくりでしょうか。作品ごとに課金されるわけではないので、取りあえず見始めても、つまんないとすぐにやめてしまいます。

Appleが2003年に「iTunes Music Store」として最初に本格展開し始めた、コンテンツのサブスクリプションサービス。今では多数存在し、私もいくつかを便利に利用しています。ただこれ、どうしても一つひとつのコンテンツを軽んじてしまう仕組みであることは否めません。映画やドラマならつまんない部分はすぐにスキップしますし、それでも面白くなければ先に述べた通り途中であっさり見るのをやめてしまいます。映画館まで足を運んで見ている作品を途中でやめることに比べると、そのハードルはとてつもなく低いです。

音楽もそう。最近はアルバム単位で聴かなくなりました。アルバム単位で入手した作品でも(自分にとって)パッとしない曲はスキップします。まあこれはレコードやテープ時代には技術的に難しかったからやらなかっただけというのもあるでしょうが。提供する側からしてみれば複雑かもしれませんが、今ではミュージシャンも現実を受け入れ、最近はそれを見越して楽曲制作をしていますよね。

「Amazonプライム・ビデオ」や「Netflix」などの動画サブスクリプションサービスは、基本的に定額料金で無制限に利用できる。メリットが大きい反面、ユーザーにとって一つひとつのコンテンツの重要度が低下しているのも確かだ。
「Amazonプライム・ビデオ」や「Netflix」などの動画サブスクリプションサービスは、基本的に定額料金で無制限に利用できる。メリットが大きい反面、ユーザーにとって一つひとつのコンテンツの重要度が低下しているのも確かだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事