「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場

2020.05.08 自動車ニュース
トライアンフ・スピードツイン ライトニングエディション
トライアンフ・スピードツイン ライトニングエディション拡大

東京都内でトライアンフの正規販売事業を手がけるSONIC MOTORSは2020年5月8日、大型二輪モデル「トライアンフ・スピードツイン」の特別仕様車「Lightning Edition(ライトニングエディション)」を発表した。

 
「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場の画像拡大
 
「トライアンフ・スピードツイン」に受注生産の特別仕様車「ライトニングエディション」登場の画像拡大
SONIC MOTORSのオフィシャルフレンド&ライダーである、タレントの采女 華。
SONIC MOTORSのオフィシャルフレンド&ライダーである、タレントの采女 華。拡大

采女 華との共同プロデュースによる受注生産モデル

スピードツイン ライトニングエディションは、SONIC MOTORSが運営する新ショールーム「トライアンフ東京ベイ」のオープンを記念したアニバーサリーモデルであり、同社のオフィシャルフレンド&ライダーである、タレントの采女 華(うねめ はな)との共同プロデュースによって製作された。

特徴は同氏がこだわったというクラシカルなブルーのカラーリングで、見る角度によって色味の変わる複雑かつ深みのあるカラーを採用。フューエルタンクにはSONIC MOTORSのロゴをモチーフにしたゴールドのピンストライプや、1915年当時のクラシカルな「Triumph」のロゴを施している。

スタイリングについては、やはりブルーのカラーリングにゴールドのピンストライプが描かれたフロントフェアリングも特徴で、こちらの装備は購入時に有無の選択が可能となっている。このほかにも、シート下には3ケタまでの好きなナンバーを書き込めるゼッケンプレートを装着。サイドミラーやウインカーなど、細部にも手が加えられている。

また走りに関する点では、リアサスペンションにナイトロンジャパンの専用ツインショックを装備。体重の軽い日本人でもバイクの沈み込みを感じられるようチューニングがなされているという。

価格は198万円で、専用フロントフェアリングは取り付け工賃込みで3万円。SONIC MOTORSが運営するトライアンフ東京ベイと「トライアンフ東京」において、受注販売される。

(webCG)

◆関連ニュース:東京・江戸川区に「トライアンフ東京ベイ」がオープン

関連キーワード:
スピードツイン, トライアンフ, バイク, 自動車ニュース

トライアンフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トライアンフ・スピードツイン(MR/6MT)【レビュー】 2019.4.1 試乗記 クラシカルなスタイリングとスポーティーな走りが身上の「トライアンフ・スピードツイン」。往年の名車の名を冠する生粋のスポーツバイクは、その名に恥じない本格的なパフォーマンスと、オーナーの所有欲を満たす上質さを併せ持つ一台に仕上がっていた。
  • カワサキZ H2(MR/6MT)【レビュー】 2020.5.21 試乗記 240kgの車体に最高出力200PSのスーパーチャージドエンジンを抱く「カワサキZ H2」。クルマでいうなら1000PS級のネイキッドバイクは、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • 2リッターエンジンを搭載した「トヨタ・カローラ ツーリング」限定発売 2020.5.13 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年5月13日、ステーションワゴン「カローラ ツーリング」に特別仕様車“2000リミテッド”を設定し、500台の台数限定で同年6月1日に発売すると発表した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る