「トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング」の特別仕様車「G-X“プラス”」発売

2020.05.13 自動車ニュース
トヨタ・カローラG-X“プラス”
トヨタ・カローラG-X“プラス”拡大

トヨタ自動車は2020年5月13日、セダン「カローラ」およびステーションワゴン「カローラ ツーリング」に特別仕様車「G-X“プラス”/ハイブリッドG-X“プラス”」を設定し、販売を開始した。

カローラ ツーリングG-X“プラス”
カローラ ツーリングG-X“プラス”拡大
「カローラG-X“プラス”」のインテリア。
「カローラG-X“プラス”」のインテリア。拡大
「カローラ ツーリングG-X“プラス”」のインテリア。
「カローラ ツーリングG-X“プラス”」のインテリア。拡大

今回の特別仕様車のベースは1.8リッター純ガソリンモデルの「G-X」と1.8リッターハイブリッドモデルの「ハイブリッドG-X」。インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]やバックガイドモニターなどに加えて、UVカット機能付きのプライバシーガラスを特別装備する。

内装では、メーターまわりやステアリングホイールなどにシルバー塗装を施したほか、レジスターノブにはサテンメッキ加飾を採用。上質感向上を図っている。

これらを追加装備しながら、価格がベースグレードから3万6300円アップに抑えられているのもセリングポイントのひとつだ。

ラインナップと価格は以下の通り。
【カローラ】

  • G-X“プラス”:197万2300円(FF車)
  • ハイブリッドG-X“プラス”:243万9800円(FF車)/263万7800円(4WD車)

【カローラ ツーリング】

  • G-X“プラス”:204万9300円(FF車)
  • ハイブリッドG-X“プラス”:251万6800円(FF車)/271万4800円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
カローラ, カローラ ツーリング, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カローラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタ・カローラS(FF/CVT)【試乗記】 2019.12.5 試乗記 自慢のTNGAプラットフォームに日本専用ボディーをかぶせた新型「カローラ」は、なるほどトヨタの意欲作かもしれない。しかし、日本市場を席巻していたかつての姿を知る者にとっては、新型のキラリと光るポイントを理解しつつも、要所要所で感じる雑味が気になってしまうのだった。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
  • トヨタ・グランエース プレミアム(FR/6AT)【試乗記】 2020.5.1 試乗記 トヨタから大型ミニバン「グランエース」がデビューした。今回試乗したのは全長5300mmものロングボディーを6人で使う豪華仕様「プレミアム」。運転席と後席の仕上がり、すなわち運ぶクルマとしてのドライバビリティーと、運ばれるクルマとしての快適性をチェックした。
ホームへ戻る