次世代パワートレインにも期待! 新型スーパースポーツ「マセラティMC20」の全容に迫る

2020.05.22 デイリーコラム

既存モデルの流用なのか?

本来ならボクは今ごろモデナにいるはずだった。2019年の冬にテストミュールの存在があきらかにされて以来、クルマ好きの間で静かに盛り上がっていたマセラティの新型スポーツカーが、リニューアルされた工場とともに披露されるはずだったからだ。

新型コロナ禍でイタリアはおろか世界が止まって、「MC20」(当初は「MCXX」)と名付けられた新型モデルのワールドプレミアは早々に2020年9月へと延期されたのだった(加えて残念なことに、この調子でいくと9月になったからといってわれわれ日本人がスムーズに海外出張できるという保証は何もない)。

現時点でMC20と呼ばれる新型車について、その具体的な情報はほとんどないと言っていい。車名の由来はMC(=マセラティ コルセ)の2020年新作、だ。そして2019年以降マセラティ本社からメディアに提供されてきたプロトタイプの写真を見れば、新型スポーツカーがミドシップレイアウトを持つことだけははっきりと分かる。

当初公開されたカムフラージュモデルはおそらくパワートレイン開発用のテストミュールだった。前後サイドのウィンドウ周りやライト周辺、サイドインテークなどを見れば「アルファ・ロメオ4C」がベースであることはあきらか。過去に4Cベースのマセラティ計画もあったことと、4Cの生産が今年で終了すること(4Cはモデナのマセラティでつくっている)から、新型もまた4Cベースだというウワサもあったが、さすがにそれはないだろう。4Cは累計で1万台もつくられた。たとえMC20がCFRPモノコックボディーを使うにしろ、いまさら流用する必要はない。

話のスジとしてあるとするならば、同じようなタイミングで計画のキャンセルがあきらかになった「6C」とも「8C」ともいわれたアルファ・ロメオの次期型高性能モデルからの転用だ。とはいえこちらはというとFRが有力との情報もあった。ならば、これまた延期になった“ディーノプロジェクト”からか……。推測は推測でしかない。楽しいけれども、これくらいにしておこう。

マセラティは2020年5月13日、同ブランドの歴史的レーシングカーである「エルドラド」(写真左奥)、「F250」(同右奥)とともに「MC20」(同手前)の新たなイメージを公開した。MC20のリアエンドには、これらのレーシングカーを駆り活躍した故スターリング・モスの名前が記されている。
マセラティは2020年5月13日、同ブランドの歴史的レーシングカーである「エルドラド」(写真左奥)、「F250」(同右奥)とともに「MC20」(同手前)の新たなイメージを公開した。MC20のリアエンドには、これらのレーシングカーを駆り活躍した故スターリング・モスの名前が記されている。拡大
同じく、写真左から順に「マセラティF250」、「マセラティ・エルドラド」、そして「マセラティMC20」。
同じく、写真左から順に「マセラティF250」、「マセラティ・エルドラド」、そして「マセラティMC20」。拡大
初期には「アルファ・ロメオ4C」(写真)との関連性がうわさされていた「マセラティMC20」だが、いまとなっては、同モデルからのコンポーネンツ流用は考えにくい。
初期には「アルファ・ロメオ4C」(写真)との関連性がうわさされていた「マセラティMC20」だが、いまとなっては、同モデルからのコンポーネンツ流用は考えにくい。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る