「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクル

2020.05.28 自動車ニュース
カンナム・スパイダーRT
カンナム・スパイダーRT拡大

BRPジャパンは2020年5月26日、三輪モーターサイクルの新型「カンナム・スパイダーRT」を発表。同日販売を開始した。

 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大

快適性を高めるべく装備を充実

「カンナム・スパイダー」は、スノーモービルや四輪バギーなどを製造する、カナダのBRP社が手がける三輪モーターサイクルである。エンジンは1330ccの水冷並列3気筒で、トランスミッションにはAT免許でも運転可能な6段セミATを搭載。数あるラインナップの中でも、今回モデルチェンジした「RT」はタンデム走行の快適性を追求したツーリングモデルにあたり、クッション性の高いシートとタンデム用シートバック、荷物を収納するストレージなどを備えている。

今回の新型については、北米での発売以来10年にわたりユーザーから得てきたフィードバックに基づいて各部を改良。理想的なツーリングモデルを開発したという。

具体的には、より幅広い体形のライダーがリラックスして座れるようフロアボードを拡張。同時に座面を低くし、サスペンションを最適化することで、コーナリング性能と直進安定性の向上を図っている。装備の充実も図っており、視認性を高める新LEDヘッドライトや、新開発のディスプレイおよびコントロールパネル、メモリー機能付き電動アジャスタブルウインドシールドを採用。快適性を高めるべくフロント&リアシートのサイズは拡大しており、またランバーサポートも装備している。

また上級モデル「RTリミテッド」には合計177リッターの大容量ストレージが備わっており、特にリアトップケースには、XLサイズのヘルメットを2つ並べて格納できる容量を確保。ワンタッチで素早く脱着できる「LinQ(リンク)アクセサリーシステム」も特徴で、リアトップケースを外してクーラーボックス、スポーツバッグ、その他のアクセサリーなどを取り付けたり、ケースを外した状態でスポーティーな走行を楽しんだりできるという。

このほかにも、クルーズコントロールやオートレベリング式リアエアサスペンション、プレミアム6スピーカーサウンドシステムなどといった快適装備を多数設定。安全装備も充実しており、ABSやスタビリティーコントロール、トラクションコントロールなどのデバイスを標準で採用している。

価格は以下の通り。

  • スパイダーRT:318万円
  • スパイダーRTリミテッド:350万円

(webCG)

関連キーワード:
スパイダー, カンナム, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • カンナム・スパイダーRTリミテッド(MR/6AT)【レビュー】 2020.9.2 試乗記 カナダのレクリエーショナルビークルメーカー、BRPが手がける三輪クルーザーが「カンナム・スパイダー」だ。四輪とも二輪とも違うこのモデルには、どのような“走る楽しさ”が宿っているのか? フルモデルチェンジを受けた最新の「スパイダーRT」で確かめた。
  • カンナム・ライカー ラリーエディション(MR/CVT)【レビュー】 2019.6.7 試乗記 BRPの三輪モーターサイクル「Can-Am(カンナム)」に、スポーティーなエントリーモデル「ライカー」シリーズが登場。類例のないデザインが存在感を放つニューモデルは、二輪とも四輪とも一味違う、スポーティーな走りが楽しめるマシンだった。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
ホームへ戻る