「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクル

2020.05.28 自動車ニュース
カンナム・スパイダーRT
カンナム・スパイダーRT拡大

BRPジャパンは2020年5月26日、三輪モーターサイクルの新型「カンナム・スパイダーRT」を発表。同日販売を開始した。

 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大
 
「カンナム・スパイダーRT」がフルモデルチェンジ 高いツアラー性能が自慢の三輪モーターサイクルの画像拡大

快適性を高めるべく装備を充実

「カンナム・スパイダー」は、スノーモービルや四輪バギーなどを製造する、カナダのBRP社が手がける三輪モーターサイクルである。エンジンは1330ccの水冷並列3気筒で、トランスミッションにはAT免許でも運転可能な6段セミATを搭載。数あるラインナップの中でも、今回モデルチェンジした「RT」はタンデム走行の快適性を追求したツーリングモデルにあたり、クッション性の高いシートとタンデム用シートバック、荷物を収納するストレージなどを備えている。

今回の新型については、北米での発売以来10年にわたりユーザーから得てきたフィードバックに基づいて各部を改良。理想的なツーリングモデルを開発したという。

具体的には、より幅広い体形のライダーがリラックスして座れるようフロアボードを拡張。同時に座面を低くし、サスペンションを最適化することで、コーナリング性能と直進安定性の向上を図っている。装備の充実も図っており、視認性を高める新LEDヘッドライトや、新開発のディスプレイおよびコントロールパネル、メモリー機能付き電動アジャスタブルウインドシールドを採用。快適性を高めるべくフロント&リアシートのサイズは拡大しており、またランバーサポートも装備している。

また上級モデル「RTリミテッド」には合計177リッターの大容量ストレージが備わっており、特にリアトップケースには、XLサイズのヘルメットを2つ並べて格納できる容量を確保。ワンタッチで素早く脱着できる「LinQ(リンク)アクセサリーシステム」も特徴で、リアトップケースを外してクーラーボックス、スポーツバッグ、その他のアクセサリーなどを取り付けたり、ケースを外した状態でスポーティーな走行を楽しんだりできるという。

このほかにも、クルーズコントロールやオートレベリング式リアエアサスペンション、プレミアム6スピーカーサウンドシステムなどといった快適装備を多数設定。安全装備も充実しており、ABSやスタビリティーコントロール、トラクションコントロールなどのデバイスを標準で採用している。

価格は以下の通り。

  • スパイダーRT:318万円
  • スパイダーRTリミテッド:350万円

(webCG)

関連キーワード:
スパイダー, カンナム, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • カンナム・ライカー ラリーエディション(MR/CVT)【レビュー】 2019.6.7 試乗記 BRPの三輪モーターサイクル「Can-Am(カンナム)」に、スポーティーなエントリーモデル「ライカー」シリーズが登場。類例のないデザインが存在感を放つニューモデルは、二輪とも四輪とも一味違う、スポーティーな走りが楽しめるマシンだった。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る