「プジョー3008」の特別仕様車「クロスシティーBlueHDi」発売

2020.06.01 自動車ニュース
プジョー3008クロスシティーBlueHDi
プジョー3008クロスシティーBlueHDi拡大

グループPSAジャパンは2020年6月1日、プジョーブランドのSUV「3008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティー)BlueHDi」を設定し、販売を開始した。

 
「プジョー3008」の特別仕様車「クロスシティーBlueHDi」発売の画像拡大
 
「プジョー3008」の特別仕様車「クロスシティーBlueHDi」発売の画像拡大
 
「プジョー3008」の特別仕様車「クロスシティーBlueHDi」発売の画像拡大
 
「プジョー3008」の特別仕様車「クロスシティーBlueHDi」発売の画像拡大
 
「プジョー3008」の特別仕様車「クロスシティーBlueHDi」発売の画像拡大

今回のプジョー3008クロスシティーBlueHDiは街とオフロードの両方でより上質なドライビングを楽しめることをコンセプトに、機能と装備の充実を図った特別仕様車だ。

最高出力177PSのDW10型2リッター直4ターボエンジンと8段ATからなるパワートレインに「アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)」を組み合わせて悪路走破性を強化。アルカンターラ&テップレザーシート(運転席電動シート&マルチポイントランバーサポート、フロントシートヒーター付き)やグリーン系ステッチを施したインテリア、アルミペダル、フロントドアステップガード、ハンズフリー電動テールゲートに加えて、パノラミックサンルーフも装備する。

エクステリアにはコンパスをモチーフとした「CROSSCITY」エンブレムとBピラーステッカー、クロームドアミラーを採用した。

クロスシティーは2018年11月にガソリンモデルに設定した際にも好評を博したことから、グループPSAジャパンでは今後の3008の主力モデルと位置づけているという。

主な装備内容は以下の通り。

  • 18インチアロイホイール(LOS ANGELES)/マッド&スノータイヤ
  • アドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)
  • アルカンターラ/テップレザーシート(グレー)
  • 運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート
  • フロントシートヒーター
  • グリーンステッチ入りインテリア(シート/ドアトリム/ステアリング)
  • ハンズフリー電動テールゲート
  • 「CROSSCITY」コンパスロゴ(左右フロントフェンダーエンブレム/左右Bピラーリアドア側ステッカー)
  • アルミペダル
  • クロームドアミラー
  • フロントドアステップガード
  • パノラミックサンルーフ(電動メッシュシェード付き)
  • フロアマット
  • パノラミックサンルーフ

ボディーカラーは「アルタンスグレー」「パールホワイト」「メタリックコッパー」(以上3色は有償オプション)「ハリケーングレー」の全4色展開で、価格は479万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
  • プジョー208 GTライン(前編) 2020.10.1 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
ホームへ戻る