新車セールスに効果あり!? ポルシェの“夢の新サービス”について考える

2020.06.05 デイリーコラム

マニアがよろこぶ裏舞台

ポルシェが最近はじめた新しい顧客サービスは、クルマ好きにとっての長年の夢をちょっとだけ実現するものだ。その夢とは「自分のクルマがつくられる瞬間、できあがっていく姿をこの目で見たい」というものだ。

ポルシェによると、メーカーと顧客を結びつける同社オンラインサービス「マイポルシェ」内に、この2020年5月19日から「Behind the Scenes(=舞台裏)」という新機能を追加したという。その内容は、ツッフェンハウゼン工場にある「911」と「718ボクスター/ケイマン」の生産ラインにおいて、顧客がオーダーしたポルシェスポーツカーがつくられている姿を撮影した画像2カット(間もなく、さらに2カット追加の予定)が、その顧客自身に提供される……というものだ。

同機能はアメリカ合衆国、ドイツ、英国、カナダ、スイス、スペインという6市場からのスタートで、今のところは残念ながら、わが日本市場は対象ではない。ただし、今後の数カ月でさらなる市場も追加されるというから、期待したいところではある。

また、ポルシェは最大の市場であるアメリカ合衆国限定で、さらなるサービスも開始した。題して「Porsche Track Your Dream」。日本語に訳すと「ポルシェの“あなたの夢を追っかけます”」といったところだろうか。これは上記の工場から出荷されてから納車まで、自分のポルシェが現在、搬送ルートのどこにあるのかを追跡できるサービスなのだという。

今回ポルシェが公開した「Behind the Scenes」のイメージ。写真のモデルは「911カブリオレ」。
今回ポルシェが公開した「Behind the Scenes」のイメージ。写真のモデルは「911カブリオレ」。拡大
こちらは組み立て途中の「718ボクスター」。自分で買ったクルマとはいえ、その生産工程を目にするというのは、できそうでなかなかできなかったことだ。
こちらは組み立て途中の「718ボクスター」。自分で買ったクルマとはいえ、その生産工程を目にするというのは、できそうでなかなかできなかったことだ。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事