「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場

2020.06.16 自動車ニュース
アウディTTクーペ Sライン コンペティション
アウディTTクーペ Sライン コンペティション拡大

アウディ ジャパンは2020年6月16日、コンパクトスポーツクーペ「TTクーペ」に特別仕様車「Sライン コンペティション」を設定し、同日販売を開始した。

 
「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場の画像拡大
 
「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場の画像拡大
 
「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場の画像拡大
 
「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場の画像拡大
 
「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場の画像拡大
 
「アウディTT」にスポーティーな装いの限定モデル「Sライン コンペティション」登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、1980年にデビューしたスポーツクーペ「アウディ・クワトロ」の誕生40周年を記念して設定された150台の限定モデルである。

ベースとなるのは最高出力230PS、最大トルク370N・mを発生する2リッター直4ターボエンジンを搭載した「TTクーペ45 TFSIクワトロ」で、よりスポーティーに仕立てられた内外装を特徴としている。

具体的には、通常はオプション扱いである「Sラインパッケージ(Sライン バンパー、ラジエーターグリル、リアディフューザー、ドアシルトリムSライン ロゴ、Sライン エクステリアロゴ、Sライン スポーツサスペンション、Sスポーツシートなど)」や、「コンフォートパッケージ(シートヒーター、センターアームレスト、アウディサイドアシスト、アウディパーキングシステム、リアビューカメラ、アウディホールドアシスト、エクステンデッドアルミニウムルックインテリア)」、「ブラックスタイリングパッケージ」を装着。またマトリクスLEDヘッドライトやプライバシーガラスなども装備している。

さらに特別装備として、RSリアスポイラーやアンスラサイトブラックのアウディスポーツ製5アームポリゴンデザイン19インチアルミホイール、カラードブレーキキャリパー(レッド)、ブラックテールパイプを採用。インテリアではドアアームレストやセンターコンソールをレザー仕様としており、またボディーカラーに応じてレッドまたはブルーのコントラストステッチを施している。

ボディーカラーは「タンゴレッドメタリック」「ターボブルー」「グレイシアホワイトメタリック」の3種類。価格は689万円。

(webCG)

関連キーワード:
TTクーペ, アウディ, 自動車ニュース

アウディ TTクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディTT RSクーペ 2020.12.28 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> スーパーカー顔負けのパフォーマンスを誇る「アウディTT RSクーペ」が、極めて優れたスプリンターなのは間違いない。そして、そのステアリングを握ったドライバーは、アウディが長年培ってきた情熱と個性にも心を動かされることだろう。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.25 試乗記 「アウディTTクーペ」のハイパフォーマンスバージョン「TT RSクーペ」がフルモデルチェンジ。最高出力400psの5気筒エンジンや新開発プラットフォームを得た新型は、どんな走りを見せるのか。市街地からワインディングロードまで、さまざまな道で試した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る