「DS 3クロスバック」のピュアEV「E-TENSE」が日本導入

2020.06.24 自動車ニュース
DS 3クロスバックE-TENSE
DS 3クロスバックE-TENSE拡大

グループPSAジャパンは2020年6月24日、コンパクトSUV「DS 3クロスバック」のピュアEV「E-TENSE(イーテンス)」の日本導入をアナウンスした。日本仕様の詳細や価格、発売日や発売方法などは同年7月29日に発表される。

欧州仕様車の航続距離はWLTPモードで320km、NEDCモードで430kmと発表されている。
欧州仕様車の航続距離はWLTPモードで320km、NEDCモードで430kmと発表されている。拡大
ダッシュボードのステッチやエアコン吹き出し口は、ガソリンエンジン車と同じくダイヤモンドデザインで統一されている。「DS 3クロスバックE-TENSE」の日本導入モデルは右ハンドル仕様になる。
ダッシュボードのステッチやエアコン吹き出し口は、ガソリンエンジン車と同じくダイヤモンドデザインで統一されている。「DS 3クロスバックE-TENSE」の日本導入モデルは右ハンドル仕様になる。拡大
欧州仕様車の充電時間は、7.4kW充電器で7時間30分、11kW充電器で5時間。
欧州仕様車の充電時間は、7.4kW充電器で7時間30分、11kW充電器で5時間。拡大
「DS 3クロスバックE-TENSE」には、「Kyoto(京都)」と名付けられたホイールが装着される。
「DS 3クロスバックE-TENSE」には、「Kyoto(京都)」と名付けられたホイールが装着される。拡大
DSブランドの電動化モデルは、ピュアEVもPHEVも「E-TENSE」のグレード名となっている。
DSブランドの電動化モデルは、ピュアEVもPHEVも「E-TENSE」のグレード名となっている。拡大

今回のDS 3クロスバックE-TENSEは、内燃機関を搭載するDS 3クロスバックをベースに開発されたピュアEV。欧州仕様車はフロントに100kWモーターを搭載し、フロア下に容量50kWhのリチウムイオンバッテリーを配置する前輪駆動車である。車重は1.2リッター直3ガソリンターボエンジン搭載のDS 3クロスバック(日本仕様)のカタログ値1280kgに対しておよそ250kgの車重増となる1525kgとなるが、ベース車と同等のキャビンスペースや荷室容量を確保しているという。

参考までに欧州仕様車は、航続距離がWLTPモードで320km、NEDCモードで430km。充電時間は、7.4kW充電器で7時間30分、11kW充電器で5時間となり、0-100km/h加速9秒、最高速は150km/hと発表されている。

エクステリアでは、「DSマトリクスLEDビジョン」ヘッドランプやサテンクローム仕上げのフロントグリルを縁取る「DSウイング」と呼ばれる装飾、アンスラサイトグレーのグリル、各部に配された「E-TENSE」マークが同車の特徴となる。

インテリアでは、レザーシートとレザーをあしらったダッシュボードを採用。ヘッドアップディスプレイや7インチのタッチスクリーン式コントロールパネル、タイヤ空気圧モニタリングシステム、オートエアコン、本革ステアリングホイール、8個のエアバッグなどを標準装備。車両の1.5m以内にキーが接近すると、格納式のドアハンドルがボディーから自動的にせり出す「プロキシミティ キーレスエントリー&スタート」もガソリンエンジン車と同様に装備されている。

走行面では、「ノーマル」「エコ」「スポーツ」の3つのプログラムに切り替えできるドライブモードを搭載するほか、フォーミュラEからインスパイアされたという「ノーマル」と「ブレーキ」の2つのエネルギー回生システムを選択可能。エネルギー回生システムのノーマルにおいては内燃機関のエンジンブレーキの挙動をシミュレーションし、ドライバーの感覚に寄り添った自然な減速感を実現。同ブレーキでは最大減速度が約1.3m/sとなり、いわゆるワンペダルドライブに近い運転が可能になるという。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 3クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.19 試乗記 フランス発のプレミアムブランドDSがリリースした、新しいコンパクトSUV「DS 3クロスバック」。かの地における芸術の歴史と文化をクルマという形で体現したとされるニューモデルは、似るもののない孤高の存在に仕上がっていた。
  • ルノーが新型「カングー」「カングー バン」を発表 フロントマスクを一新 2020.11.16 自動車ニュース 仏ルノーは2020年11月12日(現地時間)、新型「カングー」および「カングー バン」を世界初公開した。フロントマスクが一新されており、力強い形状のヘッドランプとグリル、バンパーによって立体的で彫刻的なデザインになっている。
ホームへ戻る