貴重な限定版「BMW M2コンペティション」 オンラインストアで販売

2020.06.24 自動車ニュース
BMW M2エディションデザインドバイフューチュラ2000
BMW M2エディションデザインドバイフューチュラ2000拡大

BMWジャパンは2020年6月24日、同年4月23日に国内導入を発表した「BMW M2コンペティション」の特別仕様車「Edition Designed by Futura 2000(エディションデザインドバイフューチュラ2000)」について、BMWオンラインストア経由での予約注文受け付けを3台限定で開始した。

 
貴重な限定版「BMW M2コンペティション」 オンラインストアで販売の画像拡大
 
貴重な限定版「BMW M2コンペティション」 オンラインストアで販売の画像拡大
※写真は欧州仕様車。日本で販売されるモデルは右ハンドル仕様。
※写真は欧州仕様車。日本で販売されるモデルは右ハンドル仕様。拡大
 
貴重な限定版「BMW M2コンペティション」 オンラインストアで販売の画像拡大
 
貴重な限定版「BMW M2コンペティション」 オンラインストアで販売の画像拡大

今回のBMW M2エディションデザインドバイフューチュラ2000は、BMWと著名なグラフィティーアーティストであるFUTURA 2000とのコラボレーションにより生まれた限定車。世界限定500台のうち、日本では10台が導入される予定で、今回はそのうち3台がBMWオンラインストアを介して注文できるようになった。

同モデルで最大の特徴とされているのは、FUTURA 2000の手になる“唯一無二の内外装デザイン”。ブラックをベースとしたエクステリアには、前後バンパーを中心に稲妻をほうふつとさせる不規則なラインと、丸いのこぎり刃のようなイメージがちりばめられており、そのデザインと調和するジェットブラックの19インチMライトアロイYスポーク スタイリング763Mホイールが装着されている。

インテリアについても、同様のコンセプトの模様がダッシュボードやセンターコンソールに描かれるほか、ドアシルには限定仕様の通し番号とともにFUTURA 2000のサインが刻まれた特製トリムを装備。ブラック/アイボリーホワイトのダコタレザーにポーラーブルーのコントラストステッチを施したMスポーツシートも備わる。

価格は1050万円。BMWオンラインストアでの購入に際しては、運転技術を向上させることを目的とした「BMWドライビングエクスペリエンスプログラム」がプレゼントされる。

(webCG)

関連キーワード:
M2クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M2クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2021.2.24 試乗記 “フルモデルチェンジ並み”の改良が行われた「レクサスIS300h」に試乗。開発陣が主張する全面改良を選ばなかった理由や、こだわりの変更点をひとつずつ確かめていくと、そこには期待や予想を大きく超えた進化がみえてきた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
ホームへ戻る