新型「シトロエンC4」がデビュー ピュアEVの「e-C4-100%エレクトリック」も登場

2020.06.30 自動車ニュース
新型「シトロエンC4」(写真左)と「e-C4-100%エレクトリック」
新型「シトロエンC4」(写真左)と「e-C4-100%エレクトリック」拡大

仏シトロエンは2020年6月30日(現地時間)、Cセグメントハッチバック車の新型「C4」および100%電気自動車(EV)の「e-C4-100%エレクトリック」を発表した。

 
新型「シトロエンC4」がデビュー ピュアEVの「e-C4-100%エレクトリック」も登場の画像拡大
 
新型「シトロエンC4」がデビュー ピュアEVの「e-C4-100%エレクトリック」も登場の画像拡大
 
新型「シトロエンC4」がデビュー ピュアEVの「e-C4-100%エレクトリック」も登場の画像拡大
 
新型「シトロエンC4」がデビュー ピュアEVの「e-C4-100%エレクトリック」も登場の画像拡大

2017年の発売以来、グローバルで「C3エアクロスSUV」を30万台、「C5エアクロスSUV」を20万台販売するなど、SUVの分野で成功をおさめているシトロエン。次なるステップに選んだのは、欧州自動車販売のメインストリームであるCセグメントハッチバック市場での復権だ。

新型C4およびe-C4-100%エレクトリックによってシトロエンのデザインは新たなフェーズに移行する。高く構えたボディーと主張を強めたシルエットによってハッチバック車としてのエレガンスとダイナミズムを表現しつつ、SUVらしい力強さと個性をも融合。エアロダイナミクスを考慮した流れるようなラインを設けることで、シトロエンのブランドアイデンティティーも表現したという。

シトロエンは自らのブランド価値をコンフォート=快適性と定義しており、新型C4およびe-C4-100%エレクトリックでは、シトロエンらしい快適性を追求した技術群「シトロエン・アドバンストコンフォート・プログラム」を完全に体現するとともに、新たな感性を加えている。

バンプストップラバーの代わりにセカンダリーダンパーを使う「プログレッシブハイドローリッククッション(PHC)」や独自の高密度ポリウレタンフォームを使った「アドバンストコンフォートシート」の採用に加えて、車内の落ち着いた雰囲気と明るさがもたらす精神的なコンフォートと、クルマからの日常的な支援によって得られるコンフォートを提供する。

e-C4-100%エレクトリックには100%電動パワートレインを、C4にはガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンをラインナップ。顧客の好みに応じたチョイスが可能だ。

日本市場への導入時期などは未定。

(webCG)

関連キーワード:
C4, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ3 35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.12 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのCセグメントSUV「Q3」。ラインナップの中核をなすと目される「Q3 35 TFSIアドバンスト」を郊外に連れ出し、最新のシャシーやパワーユニットの出来栄え、ユーティリティー性をチェックした。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
  • プジョー208 GTライン(前編) 2020.10.1 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
ホームへ戻る