トヨタが「プリウス/プリウスPHV」を一部改良 新たな予防安全システムを初採用

2020.07.01 自動車ニュース
トヨタ・プリウスAツーリングセレクション
トヨタ・プリウスAツーリングセレクション拡大

トヨタ自動車は2020年7月1日、ハイブリッド車「プリウス」およびプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に一部改良を実施。同日、販売を開始した。

プリウスPHV A
プリウスPHV A拡大
今回の改良では、プリクラッシュセーフティーの機能を強化。夜間の歩行者や昼間の自転車運転者も検知可能となった。
今回の改良では、プリクラッシュセーフティーの機能を強化。夜間の歩行者や昼間の自転車運転者も検知可能となった。拡大
「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」はペダルの誤操作による急加速を抑制するシステムだ。
「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」はペダルの誤操作による急加速を抑制するシステムだ。拡大
「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」を起動させる専用スマートキー。
「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」を起動させる専用スマートキー。拡大
全車標準装備となったAC100V・1500Wのアクセサリーコンセント。
全車標準装備となったAC100V・1500Wのアクセサリーコンセント。拡大
「プリウスPHV」にはソーラー充電システムも全車にオプション設定。充電状態はインフォメーションディスプレイで確認できる。
「プリウスPHV」にはソーラー充電システムも全車にオプション設定。充電状態はインフォメーションディスプレイで確認できる。拡大

ペダルの誤操作による暴走事故を予防

今回の改良は、安全装備および給電機能の強化が中心となっている。

具体的には、前者については予防安全システムである「Toyota Safety Sense」の機能を向上。プリクラッシュセーフティーが夜間の歩行者や昼間の自転車運転者も検知可能となったほか、レーダークルーズコントロールに、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」機能を追加した。また、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示する「ロードサインアシスト(RSA)」や、先行車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる先行車発進告知機能も新採用。さらに駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いや、アクセルの踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー<パーキングサポートブレーキ[静止物]>」を全車に標準装備した。

このほかの特徴的な新機能としては、これが初採用となる「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」が挙げられる。このシステムは、車両の進行方向に障害物がない場合でも、ペダルの踏み間違い操作を検知すると加速を抑制するというもの。既述のインテリジェントクリアランスソナーに加え、ペダル踏み間違い事故の抑止・被害の軽減に貢献することが狙いだ。

複雑な操作や設定は不要で、販売店装着オプションで用意されるプラスサポート用スマートキー(税込み1万3200円~)で車両を解錠すると、システムは自動で起動。標準スマートキーで解錠するとシステムは起動しない仕組みで、使用者に応じて使い分けが可能となっている。

一方、給電機能に関する装備では、全車にAC100V・1500Wのアクセサリーコンセントを標準で採用(「プリウスE」は1個、その他のモデルは2個。非常時給電システム付き)。プリウスPHVでは普通充電用のインレットからも給電が可能なビークルパワーコネクターも採用したほか、ソーラー充電システムを全グレードにオプション設定した。

価格は、プリウスが260万8000円から355万7000円、プリウスPHVが331万3000円から439万2000円となっている。

(webCG)

◆関連記事:大事なのは事故を未然に防ぐこと トヨタが「急アクセル時加速抑制機能」を導入した理由
◆関連ニュース:トヨタが「急アクセル時加速抑制」システムを発売 ペダルの誤操作による暴走事故に対応​

関連キーワード:
プリウス, プリウスPHV, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トライアンフ・スラクストンRS(MR/6MT)【レビュー】 2020.6.17 試乗記 往年のカフェレーサーをほうふつとさせる、トライアンフのスポーツモデル「スラクストン」。さらなるパワーアップと軽量化が施されたスペシャルバージョンは、驚くほどフレンドリーで楽しいモーターサイクルに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
  • トヨタ・プリウスα(アルファ) 7人乗り/5人乗り【試乗記】 2011.5.26 試乗記 トヨタ・プリウスα G ツーリングセレクション スカイライトパッケージ(FF/CVT)/S ツーリングセレクション(FF/CVT)
    ……400万7450円/338万6950円

    人気モデル「プリウス」よりひとまわり大きな、トヨタの最新型ハイブリッド「プリウスα」がデビュー。その実力を、7人乗りと5人乗り、ふたつのグレードで試した。
ホームへ戻る