ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上

2020.07.01 自動車ニュース
ベントレー・ベンテイガ
ベントレー・ベンテイガ拡大

英ベントレーは2020年6月30日、マイナーチェンジを施した、ラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」の最新型を発表した。

 
ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上の画像拡大
 
ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上の画像拡大
 
ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上の画像拡大
 
ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上の画像拡大
 
ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上の画像拡大
 
ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上の画像拡大

より万能なモデルを目指して

2015年9月にデビューしてからおよそ5年。ベンテイガに大がかりな改良が施された。ベントレーによれば、ベンテイガの7割ほどは新規のベントレーユーザーで、それらオーナーからのフィードバックをもとに、エクステリアの存在感を強め、リアシートのパッケージやインフォテインメントシステムなどを変更。市場をけん引するリーダーの座をより堅固なものにするという。

今回のベンテイガでは、大型化されたマトリクスグリルをはじめ、最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に近いデザインが採用されている。最も変化が大きいのはリアまわりの形状で、これまでバックドア側にレイアウトされていたライセンスプレートがバンパー側へと移動したほか、リアトレッドを20mm拡大するなどしてダイナミックさが強調されている。ルーフスポイラーも先代より延長。新デザインのベンテイガ専用ホイールも与えられる。

公表されたボディーサイズは全長×全幅×全高=5125×1998×1742mmで、5年前に登場した際の寸法(同5141×1998×1742mm)とほぼ同じ。2995mmのホイールベースも+3mmの違いにとどまる。

一方インテリアは、センターフェイシアが変更され、従来2つ配置されていたブルズアイ型センターベントはシングルベントに。その中央にブライトリング製クロックが据えられる。ステアリングホイールやドアトリムなども新設計。超高解像度の10.9インチディスプレイを装備し、コネクティビティ―は劇的に向上したとアピールされる。ギアレバーの正面には、シグナルブースター付きのワイヤレスチャージャーが備わり、スマートフォンが充電できるようになっている。

シートが完全新設計されたのもトピックで、後席のニースペースは最大で100mm拡大された。標準設定となる5シート仕様のほか、後席が左右独立型となる4シート仕様、さらに3列7シート仕様も選択可能だ。

パワーユニットは現時点では4リッターV8ツインターボのみとなっており、これに続いてプラグインハイブリッド、W12ターボエンジン搭載の「スピード」モデルが2020年内に発表される見込み。V8エンジンは最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生。ZF製の8段ATを介して4輪を駆動する。最高速度290km/h、0-100km/h加速4.5秒のパフォーマンスを誇る一方で、特定の状況で8気筒のうち4気筒を休止するシステムも装備。燃費はWLTP複合モードで13.3リッター/100km(約7.5km/リッター)となっている。

最新型のベンテイガは日本国内でも販売される予定で、導入時期は2020年秋になる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
ベンテイガ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー ベンテイガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • ベントレー各モデルの車両本体価格が変更に 2021.4.1 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2021年4月1日、ベントレー各車の2022MYモデルについて、車両本体価格を変更すると発表した。「コンチネンタルGT V8」や「フライングスパー」などのモデルが値上げとなっている。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.23 試乗記 圧倒的な速さを誇るアルピナ各車だが、目指すところは「毎日使える実用性」であり、それは最新の「B3」にもきちんと継承されている。先代モデルからの進化点と変化点を、ワインディングロードで探ってみた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
ホームへ戻る