ベントレーが「コンチネンタルGT」に新色・新機能を採用

2020.07.06 自動車ニュース
ベントレー・コンチネンタルGT
ベントレー・コンチネンタルGT拡大

英ベントレーモーターズは2020年7月2日(現地時間)、「コンチネンタルGT」の一部仕様を変更すると発表した。

新たに追加設定された「ビリジアン」のボディーカラー。
新たに追加設定された「ビリジアン」のボディーカラー。拡大
パノラミックガラスルーフには偏光ガラスが採用されている。
パノラミックガラスルーフには偏光ガラスが採用されている。拡大
新デザインのステアリングホイール。
新デザインのステアリングホイール。拡大

仕様変更の内容は、ボディーカラーの追加とパノラミックガラスルーフを装備できる車種の拡大、そしてステアリングホイールのデザイン変更である。

ボディーカラーは、新たに「ビリジアン」「パティーナ」「スノークォーツ」が選べるようになった。

ビリジアンは伝統的な英国のレーシンググリーンを現代風にアレンジしたもので、そのダークエメラルドのメタリックな色合いは、コンセプトカー「EXP 10 スピード6」のカラーにインスパイアされたものという。パティーナは、シャンパンとシルクをブレンドした、磨き上げられた金属の美しい雰囲気とオーラからインスピレーションを得た色。スノークォーツは、シンプルで爽やかなシルエットを演出するモダンホワイトの3層パール塗料で、細かく重ねられたパール効果により、美しいきらめきと艶(つや)やかな白さを演出するとアピールされる。

パノラミックガラスルーフは、これまでW12エンジン搭載モデル限定で用意されていたものの、V8モデルでも選択可能に。ガラス部にはまぶしさを軽減する偏光ガラスが、ブラインドにはアルカンターラが採用されており、15色のヘッドライナーカラーの中から1色を選ぶことができる。

新たに標準装備されるステアリングホイールは、リム部全体に静電容量式センサーが装着されており、運転支援システムを使用する際、ステアリングホイールが握られているかどうかが検知される。ステアリングホイールについては色分けについても見直しが図られ、縦スポークの下部はクロームベゼル仕上げとなった。

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGT, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンの価格が明らかに 2020.10.19 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2020年10月19日、「コンチネンタルGTマリナー」の国内における販売価格を発表した。ベントレーのビスポーク部門であるベントレーマリナーが設計と製造を担当する「コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンとなっている。
  • アウディQ3スポーツバック35 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2020.10.28 試乗記 SUVのモデルラインナップが増え続ける中で、アウディが新たに提案する「Q3スポーツバック」。今回ステアリングを握った「35 TDIクワトロSライン」の走りは、スタイル重視に見える同モデルのイメージを大きく変えるものだった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
ホームへ戻る