特別仕立ての「レクサスNX」 “スパイス&シック”と“クール&ブライト”が登場

2020.07.16 自動車ニュース
レクサスNX“スパイス&シック”
レクサスNX“スパイス&シック”拡大

トヨタ自動車は2020年7月16日、レクサスブランドのコンパクトクロスオーバー「NX」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車“Spice & Chic(スパイス&シック)”と“Cool & Bright(クール&ブライト)”を設定し、販売を開始した。

「NX“スパイス&シック”」のインテリア。写真はクリムゾンカラーベースのもの。
「NX“スパイス&シック”」のインテリア。写真はクリムゾンカラーベースのもの。拡大
ブラック塗装のドアミラー。
ブラック塗装のドアミラー。拡大
ダークメタリック塗装+切削光輝のアルミホイール。オプションとして、ブロンズカラード切削光輝のものも用意される。
ダークメタリック塗装+切削光輝のアルミホイール。オプションとして、ブロンズカラード切削光輝のものも用意される。拡大

都会的スタイルの“スパイス&シック”

“スパイス&シック”は、「NX300h“Iパッケージ”」「NX300“Iパッケージ”」をベースとする特別仕様車。

インテリアをクリムゾンカラーベースまたはブロンズカラーベースの専用カラーでコーディネートしており、前者にはブラック&クリムゾンの内装色にクリムゾンステッチとシルバーカラーのオーナメントパネルを組み合わせ、後者ではブラックの内装色にブロンズカラーのオーナメントパネルやブロンズステッチを組み合わせることで、上質感を高めた。

エクステリアについては、高輝度シルバー塗装のフロントロアバンパーモールやボディーカラー同色のフェンダーアーチモールなどを採用。繊細かつ重厚な金属質感を表現したというダークメタリック塗装またはブロンズ塗装のアルミホイールが組み合わされる。

ブラインドスポットモニターやリアクロストラフィックアラートを標準装備するなど、安全性の強化もセリングポイントとなっている。

NX300h/NX300“スパイス&シック”の特別装備は以下のとおり。

  • L texシート(運転席ポジションメモリー+運転席・助手席ベンチレーション機能+シートヒーター付き)
  • 特別仕様車専用のシートおよびインストゥルメントパネル、ドアトリム(ブラック&クリムゾン内装色+クリムゾンステッチ)
  • 特別仕様車専用のシート(ブラックの内装色+ブロンズステッチ)
  • オーナメントパネル(特別仕様車専用ブロンズフィルム)
  • 特別仕様車専用のクリムゾンステッチを施したステアリングホイールおよびシフトブーツ、センターコンソールなど
  • 特別仕様車専用のブロンズステッチを施したインストゥルメントパネルおよびステアリングホイール、シフトブーツ、センターコンソール、ドアトリムなど
  • ブラックのインテリア(ルーフおよびピラー)
  • 高輝度シルバー塗装を施したフロントロアバンパーモール
  • ブラック塗装のドアミラーおよび特別仕様車専用のドアミラー足元照明
  • カラードフェンダーアーチモール(ボディーカラー同色)
  • 225/60R18タイヤ&アルミホイール(ダークメタリック塗装+切削光輝)
  • 225/60R18タイヤ&アルミホイール(ブロンズカラード切削光輝 ※メーカーオプション)
  • ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能+停止位置メモリー機能付き)
  • ブラインドスポットモニター
  • リアクロストラフィックアラート

ラインナップと価格は以下のとおり。

  • NX300h“スパイス&シック”(FF車):552万3000円
  • NX300h“スパイス&シック”(4WD車):578万8000円
  • NX300“スパイス&シック”(FF車):487万9000円
  • NX300“スパイス&シック”(4WD車):514万4000円
レクサスNX“クール&ブライト”
レクサスNX“クール&ブライト”拡大
「NX“クール&ブライト”」のインテリア。
「NX“クール&ブライト”」のインテリア。拡大
専用のブルーステッチを施したシフトブーツ。
専用のブルーステッチを施したシフトブーツ。拡大
225/60R18タイヤ&アルミホイール(ブラックスパッタリング)
225/60R18タイヤ&アルミホイール(ブラックスパッタリング)拡大

“クール&ブライト”はスポーティーでエレガント

もう1種類の特別仕様車“クール&ブライト”は、「NX300h“Fスポーツ”」「NX300“Fスポーツ”」がベース。ブラックシートにブルーステッチをあしらうことでスポーティーさを際立たせたという。エクステリアでは、ブラックスパッタリングアルミホイールやボディーカラー同色のフェンダーアーチモールが特徴となっている。

“スパイス&シック”と同様に、ブラインドスポットモニターやリアクロストラフィックアラートも標準装備される。

NX300h/NX300“クール&ブライト”の特別装備は以下のとおり。

  • “Fスポーツ”専用本革シート(“Fスポーツ”専用ブラック+特別仕様車専用ブルーステッチ)
  • 特別仕様車専用のブルーステッチを施したシートおよびインストゥルメントパネル、ステアリングホイール、シフトブーツ、センターコンソール、ドアトリムなど
  • ボディーカラー同色のカラードフェンダーアーチモール
  • ブラック塗装のドアミラーおよび特別仕様車専用のドアミラー足元照明
  • 225/60R18タイヤ&アルミホイール(ブラックスパッタリング)
  • ブラインドスポットモニター
  • リアクロストラフィックアラート

ラインナップと価格は以下のとおり。

  • NX300h“クール&ブライト”(FF車):606万2000円
  • NX300h“クール&ブライト”(4WD車):632万7000円
  • NX300“クール&ブライト”(FF車):541万8000円
  • NX300“クール&ブライト”(4WD車):568万3000円

同時に、レクサスNX全車にパーキングサポートブレーキ(静止物)が標準化された。またマルチメディアシステムが、SmartDeviceLinkやApple CarPlay、Android Auto対応となった。

(webCG)

関連キーワード:
NX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス NX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • 「レクサスUX」の特別仕様車“アーバンエレガンス”発売 2020.10.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月1日、レクサスブランドのコンパクトSUV「UX」を一部改良するとともに特別仕様車“アーバンエレガンス”を設定し、販売を開始した。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
ホームへ戻る