アウディが「RS 3スポーツバック/セダン」を2年ぶりに導入

2020.07.21 自動車ニュース
アウディRS 3スポーツバック
アウディRS 3スポーツバック拡大

アウディ ジャパンは2020年7月21日、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック/セダン」を再導入すると発表した。同モデルの販売は約2年ぶりとなり、RS 3スポーツバックは同年8月18日、RS 3セダンは同年9月15日に発売される。

新しい外装色「キャラミグリーン」の「RS 3スポーツバック」(写真左)と、「ナルドグレー」に塗られた「RS 3セダン」(同右)。
新しい外装色「キャラミグリーン」の「RS 3スポーツバック」(写真左)と、「ナルドグレー」に塗られた「RS 3セダン」(同右)。拡大
外装色「ミトスブラックメタリック」の「アウディRS 3セダン」。
外装色「ミトスブラックメタリック」の「アウディRS 3セダン」。拡大
インテリアでは、特別装備されたレッドアクセントリング付きのエアコン吹き出し口が目を引く。
インテリアでは、特別装備されたレッドアクセントリング付きのエアコン吹き出し口が目を引く。拡大
ファインナッパレザーの表皮を採用し、ショルダー部分にダイヤモンドステッチングが施された「RSスポーツシート」を装備。
ファインナッパレザーの表皮を採用し、ショルダー部分にダイヤモンドステッチングが施された「RSスポーツシート」を装備。拡大

RS 3スポーツバックおよびRS 3セダンは、オールアルミ製の2.5リッター直列5気筒直噴ターボエンジンを搭載。このパワーユニットは最高出力400PS、最大トルク480N・mを発生し、「インターナショナルエンジンオブザイヤー」の2リッターから2.5リッターのカテゴリーにおいて、9年連続ベストエンジン賞に選出されている。トランスミッションは7段AT(Sトロニック)で、駆動方式はアウディがクワトロシステムと呼ぶ4WDを採用。0-100km/hの加速タイムは、4.1秒を記録するという。

再導入にあたり今回発表の両モデルには、多くの特別装備が盛り込まれている。エクステリアではマトリクスLEDヘッドライトやフロントダイナミックターンインジケーター、マットアルミニウムスタイリングパッケージを採用。インテリアではデコラティブパネルカーボンファイバーやファインナッパレザーダイヤモンドステッチングの「RSスポーツシート」、レッドアクセントリング付きエアコン吹き出し口、レッドステッチ入りフロアマットなどが備わる。

サスペンションには「アウディマグネティックライド(電子制御可変ダンパー)」を装備し、RS 3スポーツバック/セダンでそれぞれデザインの異なるアウディスポーツ製5アームマットチタンルック19インチアルミホイールに235/35R19サイズのタイヤを組み合わせている。

エクステリアカラーは新色「キャラミグリーン」のほか、「ナルドグレー」「グレイシアホワイトメタリック」「ミトスブラックメタリック」という全4色がラインナップされる。

価格はRS 3スポーツバックが850万円、RS 3セダンが869万円。右ハンドル、7段ATのみの設定となる。

(webCG)

関連キーワード:
RS 3スポーツバック, RS 3セダン, アウディ, 自動車ニュース

アウディ RS 3スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.4 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、アウディの高性能ハッチバック車「RS 3スポーツバック」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、もはや万能とも思える実力の高さが伝わってきた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る