レクサスの上級SUV「RX」が一部改良 予防安全装備を強化

2020.07.22 自動車ニュース

トヨタ自動車は2020年7月22日、レクサスの上級SUV「RX」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

今回の改良では、パーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)やブラインドスポットモニターを全車標準装備とし、予防安全装備を充実させた。またアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)をフロントセンターコンソールとラゲッジルームに追加。電気製品の屋外使用や、災害時の非常用電源として使用する際などの利便性を向上させたという。

価格は524万円から796万円。

(webCG)

レクサスRX450h“バージョンL”AWD
レクサスRX450h“バージョンL”AWD拡大

関連キーワード:
RX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス RX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る