トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良 ディーゼルモデルの最高出力を204PSに向上

2020.08.03 自動車ニュース
トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G
トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G拡大

トヨタ自動車は2020年8月3日、「ランドクルーザープラド」に一部改良を実施するとともに、特別仕様車「TX“Lパッケージ ブラックエディション”」を設定し、同日販売を開始した。

安全装置をはじめとする機能・装備の強化にも注目

今回の改良では、2.8リッターディーゼルエンジンのターボチャージャーをサイズアップ。最高出力を従来の177PSから204PSに向上させた。

予防安全システム「Toyota Safety Sense」の機能も強化しており、プリクラッシュセーフティーを夜間の歩行者や昼間の自転車運転者にも対応させたほか、ヨーアシスト機能付きのレーンディパーチャーアラートやロードサインアシスト、先行車発進告知機能を全車標準装備とした。

このほかにも、スマートフォンとの連携を可能にした9インチディスプレイオーディオを新たにオプション設定。また「TZ-G」「TX“Lパッケージ”」には、駐車場などで後退する際に左右後方から接近してくる車両を検知するリアクロストラフィックアラートをオプションで、TZ-Gには指先だけの操作でギアチェンジが可能なシフトパドルを標準で用意している。

価格は以下の通り。

【2.7リッターガソリン車】

  • TX(5人乗り):362万1000円
  • TX(7人乗り):377万9000円
  • TX“Lパッケージ”(5人乗り):414万円
  • TX“Lパッケージ”(7人乗り):429万8000円

【2.8リッターディーゼル車】

  • TX(5人乗り):428万5000円
  • TX(7人乗り):444万3000円
  • TX“Lパッケージ”(5人乗り):481万円
  • TX“Lパッケージ”(7人乗り):496万8000円
  • TX-G(7人乗り):553万円
ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ ブラックエディション”
ランドクルーザープラドTX“Lパッケージ ブラックエディション”拡大
 
トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良 ディーゼルモデルの最高出力を204PSに向上の画像拡大

黒いアクセントが特徴の特別仕様車が登場

TX“Lパッケージ ブラックエディション”は、内外装の各所をブラックでコーディネートした特別仕様車である。

エクステリアでは、フロントグリルやヘッドランプまわり、バックドアガーニッシュにブラックのメッキ加飾を施すとともに、専用ブラック塗装の18インチアルミホイールや、同じくブラック塗装の大型フォグランプベゼルを採用。アウターミラーやルーフレールなどもブラックとしている。一方インテリアでは、オーナメントパネルにシルバー塗装を、センタークラスターパネルなどにブラック塗装を施している。

価格は以下の通り。

  • 2.7リッターガソリン車・5人乗り:426万1000円
  • 2.7リッターガソリン車・7人乗り:441万9000円
  • 2.8リッターディーゼル車・5人乗り:493万1000円
  • 2.8リッターディーゼル車・7人乗り:508万9000円

(webCG)

関連キーワード:
ランドクルーザープラド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザープラド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • メルセデス・ベンツS500 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】
    2021.5.5 試乗記 メルセデスが新機軸を惜しみなく投入したフラッグシップセダン「S500 4MATICロング」に試乗。48Vマイルドハイブリッドや四駆と後輪操舵の組み合わせ、先進のインフォテインメントシステム、そしてリアルタイム映像を用いた「ARナビ」など、自慢の“最新”を味わった。
  • 第205回:よみがえる「プログレ」発狂事件 2021.4.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。今回は、メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に試乗し、VIP気分を満喫した。しかし、最新のデジタルインターフェイスは先進的すぎてどうにも使い勝手がイマイチ……と、思ったその時、20年前のある出来事が脳裏をよぎったのだった。
ホームへ戻る