「メルセデスAMG GT」が一部改良 ベースモデルのパフォーマンスを向上

2020.08.07 自動車ニュース
メルセデスAMG GT
メルセデスAMG GT拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年8月5日、スポーツモデル「メルセデスAMG GT」に一部改良を実施し、同日、予約注文受け付けを開始した。納車開始は2021年第1四半期を予定している。

AMG GTロードスター
AMG GTロードスター拡大
 
「メルセデスAMG GT」が一部改良 ベースモデルのパフォーマンスを向上の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」が一部改良 ベースモデルのパフォーマンスを向上の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」が一部改良 ベースモデルのパフォーマンスを向上の画像拡大
 
「メルセデスAMG GT」が一部改良 ベースモデルのパフォーマンスを向上の画像拡大

今回の改良では、「GT」「GTロードスター」に搭載される4リッターV8ツインターボエンジンをパワーアップ。従来モデルより54PS高い530PSの最高出力と、40N・m大きい670N・mの最大トルクを実現した。

また、両グレードについては動力性能の向上に伴いフロントブレーキも強化しており、制動力と耐フェード性に優れるベンチレーテッド式ドリルドディスク(ディスク径:390mm)を用いた強化コンポジットブレーキシステムを採用。「C(Comfort)」「S(Sport)」「S+(Sport Plus)」の3つのモードを備えた電子制御ダンピングシステム「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」や、駆動輪のグリップを高め、コーナリング速度を向上させる電子制御式リミテッドスリップデフも標準装備としている。

安全装備の拡充も図っており、GT、GTロードスター、「GT R」の3グレードにはアダプティブクルーズコントロールやブラインドスポットモニター、レーンキーピングアシストなどからなる安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準で採用。外装色については「イリジウムシルバー」「イリジウムシルバーマグノ」「マグネタイトブラック」「AMGソーラービーム」を廃止し、新たに「オブシディアンブラック」「ハイテックシルバー」を設定した。

価格は以下の通り。

  • AMG GT:1777万円
  • AMG GT C:2243万円
  • AMG GT R:2453万円
  • AMG GTロードスター:1927万円
  • AMG GT Cロードスター:2352万円

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • スポーツカー「コルベット」だけじゃない! 自動車史に残るGMの技術的チャレンジとは? 2021.8.2 デイリーコラム 新型「シボレー・コルベット」を開発するにあたって、MRへの転換を決断したゼネラルモーターズ(GM)。かつて世界最大の自動車メーカーとして君臨していた同社が意欲的に打ち出してきた、さまざまな“自動車技術の新機軸”とは?
  • ポルシェ・タイカン4クロスツーリスモ 2021.7.29 画像・写真 ポルシェが最新モデル「タイカン クロスツーリスモ」を日本初公開。高い動力性能を誇るハイパフォーマンスEVで、積載性の高いシューティングブレークで、しかも悪路走破性も考慮したクロスオーバーでもあるという、あまたの魅力を併せ持つ一台を写真で紹介する。
  • 0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場 2021.7.28 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2021年7月27日(現地時間)、新型車「マクラーレン765LTスパイダー」の概要を発表した。高性能スポーツカー「765LT」のオープントップバージョンで、765台限定で販売される。
ホームへ戻る