「プジョー3008」1周年記念の限定モデル発売

2011.05.09 自動車ニュース

「プジョー3008」日本導入1周年記念モデル「OXYGO(オキシゴ)」限定発売

プジョー・シトロエン・ジャポンは2011年5月9日、クロスオーバー「プジョー3008」の日本導入1周年を記念した特別仕様車「OXYGO(オキシゴ)」を、110台限定で発売した。

モデル名の「OXYGO」は、酸素や呼吸を意味する「OXY」と「GO」を掛け合わせたもの。
「3008プレミアム」をベースに、ナビゲーションシステム、バイキセノン ディレクショナルヘッドランプ、専用エンブレムを装着、「総額30万円相当の特別装備品を付加しながら、価格は10万円アップに抑えた」(プレスリリース)とお得感が売りのモデルである。
価格は349万円。

パワートレインは、1.6リッター直4DOHCターボエンジンと6段ATの組み合わせで、最高出力156ps/6000rpm、最大トルク24.5kgm/1400-3500rpmを発生する。

ボディカラーは、ペルラネラ・ブラック、アビサル・ブルー、ヒッコリー、パール・ホワイトの全4色が用意される。

(webCG)

「プジョー3008 OXYGO(オキシゴ)」
「プジョー3008 OXYGO(オキシゴ)」 拡大

関連キーワード:
3008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 3008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • 「プジョー308/308SW」に特別仕様車 装備充実を図った「テックパックエディション」発売 2019.8.20 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年8月20日、プジョーブランドのハッチバック車「308」およびステーションワゴン「308SW」に特別仕様車「TECH PACK EDITION(テックパックエディション)」を設定し、販売を開始した。
  • 第143回:ねらえ! リッター30km 2019.9.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第143回は「ねらえ! リッター30km」。BlueHDi搭載の「プジョー308」が驚きの低燃費をマーク! ディーゼル車の燃費には、まだ伸びる余地があるのか!? リッター30kmを目標に、激安中古の「BMW 320d」でエコランに挑戦。
  • ジュネーブショー2019の会場から(プジョー) 2019.3.13 画像・写真 プジョーは第89回ジュネーブモーターショーに、コンパクトハッチバック「208」の新型や、そのEVバージョン「e-208」、ワゴン「508SWハイブリッド」などを出展した。同ブランドのブースを写真で紹介する。
ホームへ戻る