GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円

2020.08.27 自動車ニュース
シボレー・コルベット コンバーチブル(写真は北米仕様)
シボレー・コルベット コンバーチブル(写真は北米仕様)拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年8月27日、日本における「シボレー・コルベット コンバーチブル」の価格を発表した。

 
GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円の画像拡大
「コルベット クーペ」(右)と「コルベット コンバーチブル」(左)。
「コルベット クーペ」(右)と「コルベット コンバーチブル」(左)。拡大

8代目となる新型コルベットは、2019年7月にアメリカで発表。翌2020年2月に日本でアジア初公開されるとともに、クーペモデルについては日本仕様の価格やグレードが発表されていた。

今回、日本仕様の価格が発表されたコルベット コンバーチブルは、同車をベースにリトラクタブルハードトップを装備したオープントップモデルである。コルベットにリトラクタブルハードトップが採用されるのはこのモデルが初のことで、ソフトトップと比べ、より静粛なキャビンやセキュリティー性の向上、シームレスなルーフの格納によるクリーンな外観を実現しているという。ルーフのオープン/クローズに要する時間は16秒で、車速が48km/hまでなら走行中でも操作が可能。またルーフを格納した状態でもゴルフバッグ2個を搭載可能なトランクスペースを確保しており、フロントの収納スペースと合わせ、クーペと同等の実用性を保っているという。

価格は1550万円。デリバリー開始は2021年5月を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
コルベット コンバーチブル, コルベット, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット コンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円 2020.8.27 自動車ニュース GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の日本導入を発表した。コルベット初のリトラクタブルハードトップを採用したオープントップモデルで、ルーフの開閉に要する時間は16秒。車速が48km/hまでであれば走行中でも操作が可能となっている。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.26 試乗記 シボレーのイメージリーダーを担う高性能スポーツモデル「コルベット」の、さらなるハイパフォーマンスバージョンが「Z06」である。今回は8段ATのコンバーチブルに試乗。サーキットが鍛えたその実力と、同車が持ち合わせる意外な一面をリポートする。
  • シボレー・コルベット コンバーチブルZ51(FR/6AT)【試乗記】 2014.10.1 試乗記 “史上最強”とうたわれる、7世代目の「コルベット」。実際に乗ってみたらどうなのか? オープンの上級モデル「コンバーチブルZ51」で、その実力を確かめた。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
ホームへ戻る