「BMW 2シリーズ グランクーペ」にディーゼルエンジンを搭載した「218d」が登場

2020.08.27 自動車ニュース
BMW 218dグランクーペMスポーツ
BMW 218dグランクーペMスポーツ拡大

BMWジャパンは2020年8月27日、コンパクト4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」に新グレード「218d」を設定し、同日販売を開始した。

 
「BMW 2シリーズ グランクーペ」にディーゼルエンジンを搭載した「218d」が登場の画像拡大
 
「BMW 2シリーズ グランクーペ」にディーゼルエンジンを搭載した「218d」が登場の画像拡大

218dは、最高出力150PS(110kW)/4000rpm、最大トルク350N・m(35.7kgf・m)/1750-2500rpmを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新グレードであり、2シリーズ グランクーペの中でも最も優れた17.1km/リッター(WLTCモード)の燃費を実現している。

また衝突回避・被害軽減ブレーキ等を含む運転支援システム「ドライビング・アシスト」を標準装備している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+:420万円
  • 218dグランクーペMスポーツ エディションジョイ+:458万円
  • 218dグランクーペ プレイ:448万円
  • 218dグランクーペMスポーツ:486万円

(webCG)

関連キーワード:
2シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.12.28 試乗記 フルモデルチェンジ並みの改良が施された「メルセデス・ベンツE200ステーションワゴン スポーツ」に試乗。最新デジタル技術によって進化したインフォテインメントや日本初となるARカーナビの実用性に加え、48Vマイルドハイブリッドの走りをチェックした。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツE300カブリオレ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2021.1.15 試乗記 メルセデス・ベンツが綿々と歴史を紡ぐ4シーターオープンモデル「Eクラス カブリオレ」がマイナーチェンジ。アップデートされた運転支援システムやユーザーインターフェイスの出来栄えを確かめながら、開放感あふれる走りを味わった。
ホームへ戻る