「BMW 2シリーズ グランクーペ」にディーゼルエンジンを搭載した「218d」が登場

2020.08.27 自動車ニュース
BMW 218dグランクーペMスポーツ
BMW 218dグランクーペMスポーツ拡大

BMWジャパンは2020年8月27日、コンパクト4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」に新グレード「218d」を設定し、同日販売を開始した。

 
「BMW 2シリーズ グランクーペ」にディーゼルエンジンを搭載した「218d」が登場の画像拡大
 
「BMW 2シリーズ グランクーペ」にディーゼルエンジンを搭載した「218d」が登場の画像拡大

218dは、最高出力150PS(110kW)/4000rpm、最大トルク350N・m(35.7kgf・m)/1750-2500rpmを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新グレードであり、2シリーズ グランクーペの中でも最も優れた17.1km/リッター(WLTCモード)の燃費を実現している。

また衝突回避・被害軽減ブレーキ等を含む運転支援システム「ドライビング・アシスト」を標準装備している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+:420万円
  • 218dグランクーペMスポーツ エディションジョイ+:458万円
  • 218dグランクーペ プレイ:448万円
  • 218dグランクーペMスポーツ:486万円

(webCG)

関連キーワード:
2シリーズ グランクーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る