トヨタの新型クロスオーバーSUV「ヤリス クロス」発売

2020.08.31 自動車ニュース
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ
トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ拡大

トヨタ自動車は2020年8月31日、新型コンパクトSUV「ヤリス クロス」を発売した。

 
トヨタの新型クロスオーバーSUV「ヤリス クロス」発売の画像拡大
メーターパネルやディスプレイオーディオを高い位置にレイアウトすることでドライバーの視線移動を抑えている。
メーターパネルやディスプレイオーディオを高い位置にレイアウトすることでドライバーの視線移動を抑えている。拡大
「Z」と「ハイブリッドZ」のシートは合皮とツイード調ファブリックのコンビ表皮仕立てとなる。
「Z」と「ハイブリッドZ」のシートは合皮とツイード調ファブリックのコンビ表皮仕立てとなる。拡大
リアシートの背もたれにはトヨタのコンパクトSUVでは初となる4:2:4の3分割可倒機構を採用した。
リアシートの背もたれにはトヨタのコンパクトSUVでは初となる4:2:4の3分割可倒機構を採用した。拡大
荷室の容量は390リッター(ガソリンのFF車の場合)。両サイドのえぐられている部分をうまく使うと9.5インチサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。
荷室の容量は390リッター(ガソリンのFF車の場合)。両サイドのえぐられている部分をうまく使うと9.5インチサイズのゴルフバッグを2つ収納できる。拡大
6:4分割が可能なデッキボードをトヨタの小型SUVとして初採用。荷室の左右で床面の高さを変えられる。
6:4分割が可能なデッキボードをトヨタの小型SUVとして初採用。荷室の左右で床面の高さを変えられる。拡大
電動パーキングブレーキの採用によって「レーダークルーズコントロール」が全車速追従対応に進化した。
電動パーキングブレーキの採用によって「レーダークルーズコントロール」が全車速追従対応に進化した。拡大
モノトーンのボディーカラーは全8色。
モノトーンのボディーカラーは全8色。拡大
ツートンカラーは全7種類をラインナップする。
ツートンカラーは全7種類をラインナップする。拡大

トヨタ・ヤリス クロスは「ヤリス」のSUV版をうたうクロスオーバーモデルだ。ヤリスシリーズならではの「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎながら、これからの新しい時代に求められる、利便性だけにとどまらないコンパクトSUVの新たな価値が追求されている。

ヤリスよりもひと回り大きなボディーのサイズは全長×全幅×全高=4180×1765×1590mm。車台はヤリスと同じくTNGAの考え方に基づく「GA-B」プラットフォームを採用し、サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式、リアがトーションビーム式となる。最低地上高は170mm。

エクステリアのデザインキーワードは「ENERGETIC SMART(エナジェティックスマート)」。フロントまわりでは中央部と下部、さらにフェンダー部までを立体的な構成とすることで精悍(せいかん)な印象を表現。ボディーサイドはフロントからリアコンビランプまでを水平基調の軸で結び、SUVらしい力強さを表している。

ダッシュボードまわりではセンターコンソールからディスプレイオーディオ(DA)にかけて縦方向の流れを強調し、エクステリアとともに力強さをアピール。メーターパネルとDAの上方配置およびヘッドアップディスプレイの採用によってドライバーの視線移動を最小限に抑えた。インストゥルメントパネル上部にはスラッシュ成形によるソフトパッドを採用したほか、ドアトリムには温かみのある新素材フェルトを広範囲に使っている。

SUVらしい高さを生かした充実のラゲッジスペースもヤリス クロスのセリングポイントだ。リアシートバックレストの4:2:4分割可倒機構や6:4分割が可能なデッキボードをトヨタのコンパクトSUVとして初採用。ラゲッジスペースの容量はセグメントトップクラスの390リッター(純ガソリンのFF車の場合)を誇り、110リッターのスーツケースを2個、または9.5インチサイズのゴルフバッグを2個収納できるという。さらに、スマートキーを携帯してリアバンパーの下に足を出し入れするとリアハッチが開くハンズフリーパワーバックドアも搭載。これもまたトヨタのコンパクトSUVでは初採用であり、既存のトヨタ車に備わる同様の機構と比べると約2倍のスピードで開閉できる。

パワートレインは最高出力120PS、最大トルク145N・mの1.5リッター直3直噴「ダイナミックフォースエンジン」+発進用ギア付きCVT、または同じ1.5リッターをベースにしたハイブリッド(システム出力116PS)の2タイプ。ガソリン車には路面状況に応じた3つの走行モードを備えた「マルチテレインセレクト」付きの4WDシステムを設定し、ハイブリッド車には「スノー」と「トレイル」モードを備えた電気式4WD「E-Four」(後軸をモーターで駆動)を用意する。どちらのシステムにも下り坂で速度を一定に保って安定した走行をサポートする「ダウンヒルアシストコントロール」が備わっている。WLTCモードの燃費値はガソリン車が17.4km~20.2km/リッターで、ハイブリッド車が26.0km~30.8km/リッター。

予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」は主要グレードに標準装備。ヤリスと同様にプリクラッシュセーフティーや低速時加速抑制機能などが備わるほか、電動パーキングブレーキの採用によって「レーダークルーズコントロール」が全車速追従機能付きに進化した。さらに、高速走行中の強い横風を検知して車線からの逸脱を抑制する制御をトヨタ車として初めて採用している。

ボディーカラーは「ブラスゴールドメタリック」「シルバーメタリック」の新規開発色をはじめとしたモノトーン8色に加えて、7タイプのツートンカラーもラインナップする。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ガソリン車】

  • X“Bパッケージ”:179万8000円(FF車)/202万9000円(4WD車)
  • X:189万6000円(FF車)/212万7000円(4WD車)
  • G:202万円(FF車)/225万1000円(4WD車)
  • Z:221万円(FF車)/244万1000円(4WD車)

【ハイブリッド車】

  • ハイブリッドX:228万4000円(FF車)/251万5000円(4WD車)
  • ハイブリッドG:239万4000円(FF車)/262万5000円(4WD車)
  • ハイブリッドZ:258万4000円(FF車)/281万5000円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
ヤリス クロス, トヨタ, ヤリスクロス, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
ホームへ戻る