ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新

2020.09.11 自動車ニュース
ホンダN-ONE
ホンダN-ONE拡大

本田技研工業は2020年9月11日、同年秋にモデルチェンジされる軽乗用車「N-ONE」の情報を、公式ウェブサイトにて先行公開した。

 
ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新の画像拡大
 
ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新の画像拡大
 
ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新の画像拡大
 
ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新の画像拡大
 
ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新の画像拡大

「RS」には6段MT仕様も用意

ホンダは2017年に登場した2代目「N-BOX」より、“Nのある豊かな生活”を意味する「N for Life」というコンセプトのもと、軽乗用車商品群「Nシリーズ」のモデルチェンジと新型車投入を推進。新型N-ONEは、その第4弾のモデルとなる。

今回のモデルチェンジでは、従来型の特徴である丸・四角・台形を基調とする「タイムレスなエクステリアデザイン」を踏襲しつつ、軽自動車初となるLEDデイタイムランニングランプを採用するなど、フロントマスクの意匠を変更。ラインナップには「オリジナル」「プレミアム」「RS」と、キャラクターの異なる3モデルを設定する。

特にRSには、ターボエンジンと6段MTを組み合わせた仕様も用意。運転席にはホールド性を高めたセパレートシートを採用し、運転する楽しさを追求したという。また安全性、快適性を高めるべく、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全車に採用。全車速対応型のアダプティブクルーズコントロール(MT仕様は除く)や、バック駐車を支援するパーキングセンサーシステムも標準装備するという。

(webCG)

関連キーワード:
N-ONE, ホンダ, 自動車ニュース