マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露

2020.09.14 自動車ニュース
マクラーレン・スピードテール
マクラーレン・スピードテール拡大

マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。

テール部分の長さが特徴的な「スピードテール」。シャシーには最新のカーボンモノコック「モノケージIV」が使用されている。全長は5137mm、車重は1430kg。
テール部分の長さが特徴的な「スピードテール」。シャシーには最新のカーボンモノコック「モノケージIV」が使用されている。全長は5137mm、車重は1430kg。拡大
「スピードテール」の発表イベントに登壇したマクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏。
「スピードテール」の発表イベントに登壇したマクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏。拡大
「マクラーレン・スピードテール」のコックピット。ダッシュボード左右に、デジタルリアビューミラー用のディスプレイを配置している。
「マクラーレン・スピードテール」のコックピット。ダッシュボード左右に、デジタルリアビューミラー用のディスプレイを配置している。拡大
シートはマクラーレンがセントラルドライビングポジションと呼ぶ、中央に運転席を配置した3座配列。
シートはマクラーレンがセントラルドライビングポジションと呼ぶ、中央に運転席を配置した3座配列。拡大
エンジンスタータースイッチやシフトセレクタースイッチ、パワーウィンドウや電動式のドア開閉スイッチなど天井部分に備わっている。
エンジンスタータースイッチやシフトセレクタースイッチ、パワーウィンドウや電動式のドア開閉スイッチなど天井部分に備わっている。拡大

乾燥重量はわずか1430kg

今回、スピードテールの発表イベントに登壇したマクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏は、「究極のラグジュアリーとハイパフォーマンスを融合したハイパーカー」で、「最適化されたエアロダイナミクスと運転席を中央に配置したユニークな3座レイアウト、最新のハイブリッドシステム、圧倒的なパフォーマンス、ラグジュアリー&エクスクルーシブを融合させたモデルである」と同車を紹介。日本には展示車両を含め、ごく少数が導入されるという。

シャシーには「マクラーレン・セナ」で用いたカーボンモノコック「モノケージIII」をベースに進化させた、最新の「モノケージIV」を使用。「真上から見ると、美しいシンメトリーなティアドロップシェイプになっており、マクラーレンの哲学である“すべてのデザインには意味がある”を具現。無駄や虚飾を排しています。自然界に存在する空中、水中において最も速く移動する生物のカタチをモチーフにしました」と正本氏はエクステリア上の特徴を紹介した。

ロングテールが印象的な車体後端には、リアウイングの代わりにボディーと一体型の「エルロン」が組み込まれている。これは、航空機に使用される補助翼と同様のもので、走行状況に合わせて可動。ダウンフォースの確保のほか、エアブレーキとしても機能すると説明されている。従来のヒンジなどで連結された同種のエアロデバイスとは異なり、カーボンファイバー製のボディー自体が曲がる構造になっているのがユニークなポイントだ。ボディーサイズについては、全長×全幅×全高=5137×1970×1182mm、車重は1597kg(乾燥重量=1430kg)と発表されている。

キャビンは、マクラーレンがセントラルドライビングポジションと呼ぶ中央に運転席を配置した3座で、運転席の斜め後方左右にパッセンジャーシートが置かれている。メータナセルはステアリングホイールを中心に、左右に展開。液晶パネルが3枚埋め込まれており、その両端にエアコンの吹き出し口が配置される。エンジンスタータースイッチやシフトセレクタースイッチなどはドライバーの頭上に配置。パワーウィンドウや電動式とされたドアの開閉スイッチも天井部分に備わっている。ダッシュボードの左右端には、上方に開くディヘドラルドアの外部パネルに装着された格納式デジタルリアビューミラー用のディスプレイを配置している。

パワーユニットは最高出力757PS/最大トルク800N・mの4リッターV8ツインターボに同313PS/同350N・mの電気モーターを組み合わせたハイブリッドで、システム合計では同1070PS、同1150N・mを発生。「ヴェロシティーモード」と呼ばれる走行モードを選択すると、パワートレインとエアロダイナミクスが最適化され、前述の通り403km/hの最高速度を引き出すことができるようになる。0-300km/h加速は13秒というパフォーマンス。参考までに、アルティメットシリーズのハイブリッドモデル「P1」の0-300km/h加速は16.5秒であった。

スピードテールの販売台数は限定106台。これは「マクラーレンF1」の生産台数になぞらえた数字であるという。マクラーレンではコロナウイルスの影響による操業停止を続けていたが、現在スピードテールを含む各モデルの生産を再開しており、順次完成車両のデリバリーを行っていく予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
スピードテール, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る