第533回:最高速403km/hのロードカー
「マクラーレン・スピードテール」がデビュー

2018.10.27 エディターから一言
 
2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーにおいて、「BP23」というコードネームでの開発を公表。その実車モデルが、「Hyper-GT」とマクラーレンが呼ぶ「スピードテール」だ。
2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーにおいて、「BP23」というコードネームでの開発を公表。その実車モデルが、「Hyper-GT」とマクラーレンが呼ぶ「スピードテール」だ。拡大

2018年10月26日午後1時(現地時間)、英マクラーレン・オートモーティブは、初めて「Hyper-GT」とカテゴライズする究極のロードカーを発表した。その名は「マクラーレン・スピードテール」である。

その名の通りロングテールデザインが特徴的なエクステリアを持つ「スピードテール」の全長は5137mmにも及ぶ。5mを超えるボディーサイドながら、車両重量はわずか1430kgしかない。
その名の通りロングテールデザインが特徴的なエクステリアを持つ「スピードテール」の全長は5137mmにも及ぶ。5mを超えるボディーサイドながら、車両重量はわずか1430kgしかない。拡大
ボディーはCFRP製、サスペンションはオールアルミ製。ドアミラーはカメラを使ったデジタルリアビューミラーに置き換えられている。したがってボディーサイドに突起物などはない。
ボディーはCFRP製、サスペンションはオールアルミ製。ドアミラーはカメラを使ったデジタルリアビューミラーに置き換えられている。したがってボディーサイドに突起物などはない。拡大
車体後方に備わるアクティブリアエルロン(補助翼)は、CFRP製。分割されたパーツではなく、CFRP製のボディー外板が湾曲しながら立ち上がっていくという構造を持つ。
車体後方に備わるアクティブリアエルロン(補助翼)は、CFRP製。分割されたパーツではなく、CFRP製のボディー外板が湾曲しながら立ち上がっていくという構造を持つ。拡大

アルティメットシリーズの上を行く「Hyper-GT」

車名の由来が、まさにそのデザインにあることは明白だ。これまでロードカーでは見たことのない、極めて独創的なフォルムは、いにしえのレコードブレーカー、最高速記録挑戦車に着想を得たものだという。自動車のデザインには、まだまだ見果てぬ可能性がある。そんなことを思わせる斬新さだ。

この全長5137mmにも達するテールの長いティアドロップシェイプのボディーは、徹底的な空力性能の追求、特にドラッグ低減のたまものである。ディテールを見ても、例えばドアミラーがついに姿を消してカメラを使ったデジタルリアビューミラーに置き換えられている。また、20インチのフロントホイールには固定式、つまりホイールと一緒に回転するのではなく、ハブ側に固定されたカバーが装着される。これは強くラウンドしたボディー左右前端と相まって、ボディーサイドを流れる空気の流れを整えるのに大きな力を発揮するという。なお、21インチのリアにカバーが備わらないのは、フロントほどの効果はなく、それなら重量を軽減した方がいいという判断からである。

驚いたのがアクティブリアエルロン、つまりは補助翼だ。車体後方に備わり、走行状況に応じて角度が変わるこれ、ボディー表面にはヒンジが見当たらないどころか分割線すらない。実はCFRP製の外板が湾曲しながら立ち上がっていくのだ。CFRPにクラックが入る、折れる、塗装がだめになる……という心配を思わずしてしまうが、何カ月にもわたって開閉を繰り返すテストでも、当然ながらまったく問題は起きなかったという。これのおかげで普段は実にスリークなリアビューが実現されているのだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る