「日産スカイライン」で新たなボディーカラーが選択可能に

2020.09.14 自動車ニュース
日産スカイライン400R
日産スカイライン400R拡大

日産自動車は2020年9月14日、スポーツセダン「スカイライン」の一部仕様を変更し発売した。

新色「スレートグレー」(写真)は「400R」グレード専用カラーとして設定される。
新色「スレートグレー」(写真)は「400R」グレード専用カラーとして設定される。拡大
「ホワイト」内装のイメージ。このインテリアカラーも「400R」専用となる。
「ホワイト」内装のイメージ。このインテリアカラーも「400R」専用となる。拡大

今回、日産の新色である2色のボディーカラー「スレートグレー」「ディープオーシャンブルー」がスカイラインで選択可能になった。内装色についても、新たに「グレー」と「ホワイト」が設定された。

このうちスレートグレーのボディーカラーとホワイトの内装色はハイパフォーマンスグレード「400R」専用。400Rはさらに、ドアウエストモールディングにブラックの加飾を施すなどドレスアップされている。

なお、ディープオーシャンブルーのモデルは2020年10月12日から販売される。

スカイラインのラインナップと価格は以下の通り。

【V6ターボモデル】

  • スカイラインGT:435万3800円
  • スカイラインGT Type P:463万8700円
  • スカイラインGT Type SP:490万8200円
  • スカイライン400R:562万5400円

【ハイブリッドモデル】

  • スカイラインGT(FR):557万5900円
  • スカイラインGT(4WD):586万0800円
  • スカイラインGT Type P(FR):581万6800円
  • スカイラインGT Type P(4WD):610万1700円
  • スカイラインGT Type SP(FR):616万円
  • スカイラインGT Type SP(4WD):644万4900円

(webCG)

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る