「日産スカイライン」で新たなボディーカラーが選択可能に

2020.09.14 自動車ニュース
日産スカイライン400R
日産スカイライン400R拡大

日産自動車は2020年9月14日、スポーツセダン「スカイライン」の一部仕様を変更し発売した。

新色「スレートグレー」(写真)は「400R」グレード専用カラーとして設定される。
新色「スレートグレー」(写真)は「400R」グレード専用カラーとして設定される。拡大
「ホワイト」内装のイメージ。このインテリアカラーも「400R」専用となる。
「ホワイト」内装のイメージ。このインテリアカラーも「400R」専用となる。拡大

今回、日産の新色である2色のボディーカラー「スレートグレー」「ディープオーシャンブルー」がスカイラインで選択可能になった。内装色についても、新たに「グレー」と「ホワイト」が設定された。

このうちスレートグレーのボディーカラーとホワイトの内装色はハイパフォーマンスグレード「400R」専用。400Rはさらに、ドアウエストモールディングにブラックの加飾を施すなどドレスアップされている。

なお、ディープオーシャンブルーのモデルは2020年10月12日から販売される。

スカイラインのラインナップと価格は以下の通り。

【V6ターボモデル】

  • スカイラインGT:435万3800円
  • スカイラインGT Type P:463万8700円
  • スカイラインGT Type SP:490万8200円
  • スカイライン400R:562万5400円

【ハイブリッドモデル】

  • スカイラインGT(FR):557万5900円
  • スカイラインGT(4WD):586万0800円
  • スカイラインGT Type P(FR):581万6800円
  • スカイラインGT Type P(4WD):610万1700円
  • スカイラインGT Type SP(FR):616万円
  • スカイラインGT Type SP(4WD):644万4900円

(webCG)

関連キーワード:
スカイライン, 日産, 自動車ニュース

日産 スカイライン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • アウディA3/S3 2021.4.21 画像・写真 アウディ ジャパンは2021年4月21日、「アウディA3シリーズ」をフルモデルチェンジし、東京・渋谷において実車を初披露した。会場に展示された導入記念の特別仕様車「A3ファーストエディション」と、「A3セダン」「S3スポーツバック」の姿を写真で紹介する。
  • 新型「アウディA3/S3」シリーズ日本上陸 高機能インフォテインメントシステムを採用 2021.4.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2021年4月21日、新型「A3スポーツバック/A3セダン」およびその高性能スポーツバージョンである「S3スポーツバック/S3セダン」の日本導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。同年5月18日に発売する。
ホームへ戻る