フェラーリの4シーターオープンが進化 「ポルトフィーノM」登場

2020.09.17 自動車ニュース
フェラーリ・ポルトフィーノM
フェラーリ・ポルトフィーノM拡大

伊フェラーリは2020年9月16日(現地時間)、オープントップ2+2シータースポーツ「ポルトフィーノ」の進化版となるニューモデル「ポルトフィーノM」を発表した。

 
フェラーリの4シーターオープンが進化 「ポルトフィーノM」登場の画像拡大
 
フェラーリの4シーターオープンが進化 「ポルトフィーノM」登場の画像拡大
 
フェラーリの4シーターオープンが進化 「ポルトフィーノM」登場の画像拡大
 
フェラーリの4シーターオープンが進化 「ポルトフィーノM」登場の画像拡大
 
フェラーリの4シーターオープンが進化 「ポルトフィーノM」登場の画像拡大

COVID-19の流行による一時的なファクトリーの閉鎖後では初のニューモデルとなるポルトフィーノMは、フェラーリの再発見の旅を象徴する存在であるという。車名に付された「M」は「Modificata=Modify」を意味しており、これまでフェラーリではパフォーマンスを押し上げる進化を遂げたモデルの車名にMを用いてきた。

フロントに積まれる3.9リッターV8ツインターボエンジンはポルトフィーノを20PS上回る最高出力620PSを発生。新たなカムプロファイルによってバルブリフト量を増やして燃焼室内の充てんを最適化したほか、ターボチャージャー内部にはタービンの回転速度を検知するスピードセンサーを搭載し、タービンの最高回転数は従来型よりも5000rpm高められている。また、ガソリンパティキュレートフィルターを備えることで欧州の排出ガス基準であるユーロ6dに対応している。

トランスミッションはポルトフィーノよりも1段多い8段のデュアルクラッチ式ATを採用。選択したギアに応じてトルク伝達量を調整するバリアブルブーストマネジメントの制御によって、低いギアではより低いレシオを、高いギアではより高いレシオを採用できるようになり、鋭い発進加速と高い環境性能を両立しているという。動力性能は0-100km/h加速が3.45秒、0-200km/加速が9.8秒、最高速は320km/h以上と公表されている。

統合型ドライブモードセレクター「マネッティーノ」には既存の「ウエット」「コンフォート」「スポーツ」「ESCオフ」に加え、新たに「レース」モードを設定。フェラーリの2+2シーターオープンモデルとしては初となる5ポジションを採用した。レースモードでは4輪すべてのブレーキキャリパーの油圧をコントロールして横方向のダイナミクス性能を高める「フェラーリ・ダイナミックエンハンサー」が介入し、より高いドライビングプレジャーが得られるという。

「極めて緻密(ちみつ)で的を絞った調整」と説明されている通り、エクステリアの変更点は小規模だ。フロントまわりではホイールアーチの前方に小さなエアベントが設けられたほか、グリル内にアルミ製のフラップを採用。コンパクトになった流線形のリアバンパーはリアディフューザーと分割されている。

このほか、アダプティブクルーズコントロールや緊急自動ブレーキ、ブラインドスポットモニター、サラウンドビューカメラなどの先進運転支援装備がオプション設定されたのもトピックだ。

(webCG)

関連キーワード:
ポルトフィーノ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ ポルトフィーノ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る