第128回:イタリアの秘宝破れたり!?

2019.03.19 カーマニア人間国宝への道

フェラーリエンジンはイタリアの秘宝

「ランボルギーニ・ウルス」の走りは、背の高いスーパーカーそのもの! しかも走りの快感のキモは、アウディのV8ターボだった!

いや正確には「アウディの」ではなく、「アウディのエンジンをベースにランボルギーニがチューンしたV8ターボ」なのでしょうが、そのウルトラパワフルなフィーリングやウルトラ重低音の迫力、超絶鋭い吹け上がり、その他モロモロのすべてが猛烈に気持ちよかった……。

ひょっとして、このエンジンをフェラーリに積んだらどうなんだ! 今のフェラーリV8ターボより、絶対こっちのほうが気持ちいいような気がして仕方がないのでありますがぁぁぁぁぁ!

いや、ひょっとしたらそうでもないのかもしれない。やっぱフェラーリはエンジンが命。フェラーリエンジンはイタリアの秘宝。問答無用にこの世の頂点の快楽を期待する。よってその期待が少しでも満たされないと即落胆。大乗フェラーリ教開祖として、この世の終末のような最大級の失望に襲われてしまう。

だから私は、「カリフォルニアT」や「488GTB」、「ポルトフィーノ」のフェラーリV8ターボに、この世の終末を見てしまったのだ。それは期待がデカすぎるがゆえで、488GTBにウルスのV8ターボをブチ込めば「うおおおお、イタリアの秘宝破れたり!」となるかといえば、そうではないのかもしれない。

ランボルギーニ・ウルス(写真=池之平昌信)
ランボルギーニ・ウルス(写真=池之平昌信)拡大
「ウルス」の4リッターV8ターボエンジン。(写真=池之平昌信)
 
「ウルス」の4リッターV8ターボエンジン。(写真=池之平昌信)
	 拡大
フェラーリ・カリフォルニアT
フェラーリ・カリフォルニアT拡大
フェラーリ488GTB
フェラーリ488GTB拡大
「フェラーリ・ポルトフィーノ」と筆者。
「フェラーリ・ポルトフィーノ」と筆者。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.16 試乗記 ランボルギーニが“スーパーSUV”と呼ぶ「ウルス」がいよいよ日本に上陸した。全長5m超のボディーに、最高出力650ps、最大トルク850NmのV8エンジンを備えたこの“猛牛”は、果たして日本の交通事情の中で生き延びていけるのだろうか……。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【レビュー】 2019.6.13 試乗記 デビューから5年目が過ぎ、ついにマイナーチェンジを受けたアウディのコンパクトスポーツ「TT」シリーズ。高性能モデル「TTS」に試乗し、手ごろなボディーサイズにパワフルなエンジン、フルタイム4WD「クワトロ」の組み合わせがかなえる走りを味わった。
  • カンナム・ライカー ラリーエディション(MR/CVT)【レビュー】 2019.6.7 試乗記 BRPの三輪モーターサイクル「Can-Am(カンナム)」に、スポーティーなエントリーモデル「ライカー」シリーズが登場。類例のないデザインが存在感を放つニューモデルは、二輪とも四輪とも一味違う、スポーティーな走りが楽しめるマシンだった。
  • 新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸 2019.5.30 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年5月30日、新型「レンジローバー イヴォーク」を導入し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。新型では内外装のデザインを一新したほか、ブランド初となるプラグインハイブリッドモデルも設定した。
ホームへ戻る