第106回:フェラーリ並みのオプション地獄

2018.10.09 カーマニア人間国宝への道

N-BOXは特権階級!?

事実上の国民車である「ホンダN-BOX」の実像をプチ検証すべく、近所のホンダディーラーに出撃した私は、N-BOXカスタム(ターボ車)に試乗し、広報車より足がソフトであることを確認(個人の感想です)。そして、その狂ったような室内の広さにあらためて驚嘆(きょうたん)した。

が、それよりもっとウルトラ驚嘆したのは、当該試乗車の価格が、オプション込みで約250万円であることだった。

いまどきの軽自動車が、支払総額で200万円を超えるという話はよく聞くが、支払総額どころか、車両本体+オプションで250万円とはこれいかに。ちなみに諸経費はプラス15万円くらいですかね? ちゃんと計算できなくてスイマセンが。

つまり、支払総額だと265万円くらい(たぶん)。愛車のエリート特急(激安ド中古「BMW 320d」)の支払総額が255万円だったので、それより10万円も高い。

自ら“エリート”を名乗るわが愛車を軽々と上まわるとは、N-BOXは国民車というより特権階級ではなかろうか!? いつのまにニッポンの国民車は、こんなスーパーエリートになっていたんだ! と、超絶ウルトラ驚嘆するしかない。

いや、もちろんですね、バカスカ売れてるN-BOXが、みんなこんなに高価なはずはございますまい。

なにせこの試乗車、車両本体価格は169万8840円。そこにメーカーオプション約23万円、ディーラーオプション約57万円、合計で約80万円もくっついておったのです! おかげでお値段が約1.5倍に跳ね上がっていました。ウルトラスーパー驚嘆。

「フェラーリ・ポルトフィーノ」と筆者。
「フェラーリ・ポルトフィーノ」と筆者。拡大
ホンダディーラーで試乗した「ホンダN-BOXカスタム」。
ホンダディーラーで試乗した「ホンダN-BOXカスタム」。拡大
ディーラーで試乗した「ホンダN-BOXカスタム」の価格表を見て驚嘆!
ディーラーで試乗した「ホンダN-BOXカスタム」の価格表を見て驚嘆!拡大
筆者の愛車、“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車、“エリート特急”こと「BMW 320d」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る