メルセデス・ベンツのコンパクトモデルで安全運転支援システムが標準化

2020.09.17 自動車ニュース
メルセデス・ベンツA180スタイル
メルセデス・ベンツA180スタイル拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年9月17日、メルセデス・ベンツのコンパクトモデル「Aクラス」「Aクラス セダン」「Bクラス」「CLA」「CLAシューティングブレーク」の一部仕様を変更したと発表した。最新型については、同日に予約注文の受け付けが開始され、CLA/CLAシューティングブレークは同年9月下旬ごろに、その他のモデルは同年10月以降にデリバリーが始められる見込み。

「Aクラス」と「Aクラス セダン」では、ホイールのデザインも変更された。
「Aクラス」と「Aクラス セダン」では、ホイールのデザインも変更された。拡大
B180
B180拡大
CLA200d
CLA200d拡大

今回、上記5車種で安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」が標準装備となった。AクラスとAクラス セダンでは、ホイールのデザインも変更された。

各モデルのラインナップと価格は以下の通り。

【Aクラス】

  • A180:363万円
  • A180スタイル:406万円
  • A200d:436万円

【Aクラス セダン】

  • A180セダン:373万円
  • A180スタイル セダン:416万円
  • A200dセダン:446万円
  • A250 4MATICセダン:516万円

【Bクラス】

  • B180:422万円
  • B200d:452万円

【CLA】

  • CLA180:472万円
  • CLA200d:503万円
  • CLA250 4MATIC:565万円

【CLAシューティングブレーク】

  • CLA180シューティングブレーク:483万円
  • CLA200dシューティングブレーク:513万円
  • CLA250 4MATICシューティングブレーク:575万円

(webCG)
 

関連キーワード:
Aクラス, Aクラス セダン, Bクラス, CLAクーペ, CLAシューティングブレーク, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース