スーパースポーツカー「MC20」登場! これで老舗ブランド・マセラティは再興なるか?

2020.09.28 デイリーコラム

パワートレインは予想外

数カ月前、マセラティの新型スーパーカー「MC20」の内容について自分なりの予測を『webCG』に寄稿した。おおむねその通りになったとは思うが、肝心要のパワートレインに関してはV6ハイブリッドと予測して、完全にハズしてしまった。スーパーカー道を極めるには精進がまだまだ足りない、ってことで……。

想像を超えた、早く乗ってみたいと思わせるマセラティ完全設計の非ハイブリッドマルチシリンダーエンジンをドライバーの背後に積んだことは、しかしクルマ好きにとっては朗報だった。デュアルチャンバー燃焼システム付き3リッターV6ツインターボである(このエンジン開発は2015年にジョルジョプロジェクト内にてスタートしている、と聞けばイタリア車好きの読者なら“あ、なるほど、そういうことかもね”、と思うはず……)。

マセラティは早くから将来の電動化をアピールしてきた。それゆえ、よもや次世代のブランドフラッグシップ&アイコンたる新型スーパーカーにモーターのモの字もないパワートレインが載っかってくるとは想像しなかったのだ! ちなみに電動化の第一歩は、2020年7月に発表された「ギブリ ハイブリッド」である。

もちろんマセラティとて、“電動化”の推進を緩めるつもりなどまるでないようだ。なんとMC20には800Vバッテリー&3モーターのBEV版が近い将来に用意されているという。このスーパーカーのカーボンモノコックシャシーは重いバッテリーの搭載を前提に開発されているというわけだ。

2020年9月9日、マセラティの新型スーパースポーツ「MC20」が世界初公開された。写真はそれに合わせて東京で披露されたモックアップ。
2020年9月9日、マセラティの新型スーパースポーツ「MC20」が世界初公開された。写真はそれに合わせて東京で披露されたモックアップ。拡大
「MC20」の生産は、2020年末にイタリア・モデナにあるマセラティの工場でスタートする。
「MC20」の生産は、2020年末にイタリア・モデナにあるマセラティの工場でスタートする。拡大
「100%マセラティ、100%メイドインモデナ」とうたわれる「MC20」の3リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力630PS、最大トルク730N・mを発生。8段のデュアルクラッチ式ATが組み合わされる。
「100%マセラティ、100%メイドインモデナ」とうたわれる「MC20」の3リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力630PS、最大トルク730N・mを発生。8段のデュアルクラッチ式ATが組み合わされる。拡大
マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティMC20 2020.9.10 画像・写真 マセラティが、新型のハイパースポーツカー「MC20」を世界初公開した。発表会は伊モデナ、米ニューヨーク、および東京で同時に行われ、東京の会場には予備を含め世界にまだ4台しかないというMC20のモックアップが持ち込まれた。車両の詳細を写真で紹介する。
  • マセラティが新型スーパースポーツカー「MC20」を世界初公開 2020.9.10 自動車ニュース 伊マセラティは2020年9月9日(現地時間)、新型のハイパースポーツカー「MC20」を世界初公開した。同ブランドの新時代到来を告げるモデルとうたわれており、自社開発の3リッターV6ツインターボエンジンをリアミドに搭載している。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ドリームカー誕生 「アルファ・ロメオ4C」編 2020.9.23 MOVIE アルファ・ロメオのピュアスポーツカー「4C」は、どうやってつくられる? その生産現場にカメラが密着した自動車ドキュメンタリー『ドリームカー誕生』アルファ・ロメオ4C編を、ノーカットで公開中!
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
ホームへ戻る