ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定

2020.10.01 自動車ニュース
ミツオカ・リューギ
ミツオカ・リューギ拡大

光岡自動車は2020年10月1日、「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定し、同日、販売を開始した。

 
ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定の画像拡大
 
ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定の画像拡大
 
ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定の画像拡大
 
ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定の画像拡大
 
ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定の画像拡大
 
ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定の画像拡大

ミツオカ・リューギ/リューギワゴンは、エントリーモデルの「ビュート」と上級セダン「ガリュー」の間に位置するモデルとして2014年6月に登場した、5ナンバーサイズのコンパクトセダン/ワゴンである。

改定後の価格は以下の通り。

【リューギ】

  • 15ST(FF/5MT):262万1300円
  • 15ST(FF/CVT):284万1300円
  • 15DX(FF/5MT):293万5900円
  • 15DX(FF/CVT):316万2500円
  • ハイブリッド(FF/CVT):361万9000円
  • 15ST(4WD/CVT):295万6800円
  • 15DX(4WD/CVT):327万8000円

【リューギワゴン】

  • 15ST(FF/5MT):285万2300円
  • 15ST(FF/CVT):311万0800円
  • 15DX(FF/5MT):320万6500円
  • 15DX(FF/CVT):335万0600円
  • ハイブリッド(FF/CVT):378万9500円
  • 15ST(4WD/CVT):333万1900円
  • 15DX(4WD/CVT):350万4600円

【リューギEX】

  • 15EX(FF/5MT):263万2300円
  • 15EX(FF/CVT):285万2300円
  • ハイブリッドEX(FF/CVT):340万1200円
  • 15EX(4WD/CVT):296万7800円

【リューギワゴンEX】

  • 15EX(FF/5MT):286万3300円
  • 15EX(FF/CVT):312万1800円
  • ハイブリッドEX(FF/CVT):367万7300円
  • 15EX(4WD/CVT):334万2900円

価格はセダンが従来モデルの16万5000円高で、ワゴンが同27万5000円高。ミツオカは今回の価格改定について、品質向上と生産体制の効率化を図るためと説明している。

(webCG)

関連キーワード:
リューギ, ミツオカ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカが「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定 2020.10.1 自動車ニュース 光岡自動車がコンパクトセダン/ワゴン「リューギ/リューギワゴン」の価格を改定。セダンが16万5000円、ワゴンが27万5000円の値上げとなっており、2019年11月に登場した特別仕様車「リューギEX/リューギワゴンEX」の価格も、同様に変更している。
  • 「ミツオカ・リューギ/リューギ ワゴン」の特別仕様車「EX」発売 2019.11.14 自動車ニュース 光岡自動車は2019年11月14日、「リューギ」および「リューギ ワゴン」に特別仕様車「EX」をそれぞれ設定し、同年11月15日に発売すると発表した。プッシュボタンスタートシステム+スマートキーを標準装備としている。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション/ノート オーラG FOURレザーエディション【試乗記】 2021.6.15 試乗記 「日産ノート」ベースのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」が登場。パワーアップした「e-POWER」や3ナンバー化された専用ワイドボディー、上級路線を目指したというこだわりの内装や装備など、注目すべきポイントの仕上がりを、テストコースで確かめた。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る