日本仕様の新型「ルノー・ルーテシア」が国内初お披露目に

2020.10.15 自動車ニュース
「rooms41」の会場に展示されている新型「ルノー・ルーテシア」。
「rooms41」の会場に展示されている新型「ルノー・ルーテシア」。拡大

ルノー・ジャポンは2020年10月15日、同日に国内導入を発表し、同年11月6日に発売する新型「ルーテシア」の日本仕様を初披露した。

右ハンドル仕様の「ルーテシア」が展示されるのは今回が初めてだ。
右ハンドル仕様の「ルーテシア」が展示されるのは今回が初めてだ。拡大
ルノーブースのほかにも、ユニークなブースが数多く並んでいる。
ルノーブースのほかにも、ユニークなブースが数多く並んでいる。拡大
 
日本仕様の新型「ルノー・ルーテシア」が国内初お披露目にの画像拡大

新型ルノー・ルーテシアが展示されているのは、東京都新宿区にある新宿住友ビル三角広場で開催中のイベント「rooms41」の会場。ファッションやジュエリー、インテリア用品などを取り扱う見本市であり、10月15日と16日がビジネスデー、17日が一般公開日となっている。

ルノーブースは「The French Mode」をテーマに、ファッションブランドのEZUMiとコラボレート。真っ赤な「ルージュフラム」カラーの新型ルーテシアが、EZUMiの手がけたファッションアイテムとともに展示されている。

一般公開日の入場にはチケットが必要で、前売り券が1000円、当日券が1500円となっている。開催時間は10時から18時まで。

(webCG)

◆関連ニュース:新型「ルノー・ルーテシア」が上陸 最新の運転支援システムを搭載

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • 実力検証! 新型メガーヌ ルノー・スポール トロフィー 2019.12.6 “最速の血統”を受け継ぐもの<PR> ルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノー・スポール」の、さらなるハイパフォーマンスバージョン「トロフィー」に試乗。“速い”という言葉では言い尽くせない実力派のすごみを、ワインディングロードで体感した。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 「フィアット500/500C」にイタリアの甘い生活を表現した限定車「ドルチェヴィータ」 2020.10.23 自動車ニュース FCAジャパンは2020年10月23日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「ドルチェヴィータ」を設定し、275台の台数限定で同年12月12日に発売すると発表した。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る