スズキが「クロスビー」を一部仕様変更 アウトドアユースに便利な新グレード登場

2020.10.15 自動車ニュース
スズキ・クロスビー
スズキ・クロスビー拡大

スズキは2020年10月15日、コンパクトSUV「クロスビー」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

「ブラックインテリアパッケージ」に含まれるダークグレーパール色のインストゥルメントパネル。「ハイブリッドMZ」にメーカーオプションとして設定された。
「ブラックインテリアパッケージ」に含まれるダークグレーパール色のインストゥルメントパネル。「ハイブリッドMZ」にメーカーオプションとして設定された。拡大
「ラックススエード」とレザー調のコンビネーション表皮が用いられた専用シート。「ハイブリッドMZ」に設定された、メーカーオプションの「ブラックインテリアパッケージ」に含まれるアイテム。
「ラックススエード」とレザー調のコンビネーション表皮が用いられた専用シート。「ハイブリッドMZ」に設定された、メーカーオプションの「ブラックインテリアパッケージ」に含まれるアイテム。拡大

今回の一部仕様変更は、安全装備の充実を中心に実施。同社初となる車線維持支援機能の採用に加え、全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールや夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートなども追加された。これにより経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーSワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当している。

そのほか、パーソナルテーブル(後席左右)や座面にはっ水加工が施されたシート、防汚タイプのラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチなどの装備を採用した「ハイブリッドMV」グレードが新たにラインナップに加わった。

トップグレードの「ハイブリッドMZ」には、「ラックススエード」とレザー調のコンビネーション表皮が用いられた専用シートや、ダークグレーパールのインストゥルメントパネルとドアトリムパネルなどを採用した「ブラックインテリアパッケージ」がメーカーオプションとして設定された。

ボディーカラーは「タフカーキパールメタリック」「プレミアムシルバーメタリック」が追加されたほか、バリエーションの見直しが行われ、合計13パターンの設定となった。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ハイブリッドMX:180万5100円(FF車)/195万0300円(4WD車)
  • ハイブリッドMV:194万8100円(FF車)/209万3300円(4WD車)
  • ハイブリッドMZ:206万2500円(FF車)/220万7700円(4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
クロスビー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ クロスビー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ 2017.12.25 画像・写真 第45回東京モーターショーで注目を集めたスズキのコンパクトクロスオーバー「XBEE(クロスビー)」が、早くも市販モデルとしてデビュー。ワゴンの使い勝手とSUVのデザイン、走破性を併せ持つというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • 日産キックスX ツートーンインテリアエディション(FF)【試乗記】 2020.9.30 試乗記 日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を引っさげて登場した、新型SUV「キックス」。多くのライバルがひしめき合う激戦区で、勝算はあるのか? 市街地からワインディングロードまで走らせた印象をリポートする。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る