新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「M440i xDrive」がデビュー

2020.10.16 自動車ニュース
BMW M440i xDrive(写真は海外仕様車)
BMW M440i xDrive(写真は海外仕様車)拡大

BMWジャパンは2020年10月16日、新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「BMW M440i xDrive」を発表。同日、販売を開始した。納車の時期は、同年11月以降になる見込み。

 
新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「M440i xDrive」がデビューの画像拡大
 
新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「M440i xDrive」がデビューの画像拡大
 
新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「M440i xDrive」がデビューの画像拡大

ハイパワーで4輪駆動

BMW M440i xDriveは、「Mパフォーマンスモデル」と呼ばれる、BMW M社が開発を手がけたハイパフォーマンスモデル。サーキットで培われた技術を余すことなく取り入れ、走行性能を高めたとうたわれる。

2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 420i」と異なり、フロントには最高出力387PS、最大トルク500N・mを発生する3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載。0-100km/h加速4.5秒の動力性能を誇る。

駆動方式は4WDを採用。MアダプティブサスペンションやMディファレンシャルと相まって、悪路でも優れた走行安定性とスポーティーな走りを実現するという。

デザインについては、トランクリッドに「Mリアスポイラー」が備わるほか、Mパフォーマンスモデル専用色の「セリウム・グレー」で塗られたキドニーグリルとエアインテーク、 エアブリーザー、ミラーキャップなどで個性が強調されている。

運転支援システムは、ほかの新型4シリーズに準じたもの。一定の条件下での手放し運転が可能となる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」が利用できるほか、アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)やレーンチェンジウオーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャーウオーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクション、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)、クロストラフィックウオーニング、ペダル踏み間違い急発進抑制機能などが備わる。

音声を介した対話型インフォテインメントシステムをはじめとする、コネクティビティ―性の高さもセリングポイントとなっている。

価格は1025万円。

(webCG)

関連キーワード:
4シリーズ クーペ, BMW, 自動車ニュース