ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定

2020.10.21 自動車ニュース
「ボルボV90」(右)と「V90クロスカントリー」(左)。
「ボルボV90」(右)と「V90クロスカントリー」(左)。拡大

ボルボ・カー・ジャパンは2020年10月21日、ステーションワゴン「V90」と、同車をベースにオフロード性能を高めたクロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」の仕様を変更し、同日、販売を開始した。

V90
V90拡大
 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定の画像拡大
 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定の画像拡大
 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定の画像拡大
 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定の画像拡大
V90(左が「R-DESIGN」)
V90(左が「R-DESIGN」)拡大
V90クロスカントリー
V90クロスカントリー拡大
 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定の画像拡大
 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定の画像拡大
 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定の画像拡大
 
ボルボが「V90/V90クロスカントリー」に48Vマイルドハイブリッド搭載車を設定の画像拡大

エンジンそのものも大幅改良し効率を改善

今回の変更では、パワートレインのラインナップを一新。ディーゼルエンジンの「D4」やガソリンエンジンの「T5」「T6」に代わり、新たに48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載した「B5」「B6」が採用された。

新しいパワートレインに組み合わされるマイルドハイブリッドは、エンジンのクランクとベルトでつながったISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)が回生ブレーキで発電した電力を、48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電。エンジンの始動や走行の補助を行うシステムである。

エンジンはB5が2リッター直4ガソリンターボ(最高出力250PS/最大トルク350N・m)、B6が2リッター直4ガソリンターボ+スーパーチャージャー(同300PS/同420N・m)で、T5、T6のものから約90%のパーツを変更するなど、大幅なリファインを実施。シリンダーの表面処理の改良や、それに伴うエンジン内部のフリクションの低減、気筒休止システムの採用などにより、燃費の向上を図っている。さらにB6では、低回転域でのブーストを担う過給機を、エンジン駆動による機械式スーパーチャージャーから48V電源を活用した電動スーパーチャージャーに変更。さらなる高効率化とレスポンスの向上を実現しているという。

これら2つのパワートレインに加え、V90に設定されるプラグインハイブリッド車はパワートレインの呼称を「T8ツインエンジン」から「リチャージプラグインハイブリッドT8」に変更した。またラインナップについてはV90のB6モデルに「R-DESIGN」が設定された点もトピックとなっている。同車はスポーツサスペンションの採用による引き締まった足まわりが特徴で、グロッシーブラック仕上げのメッキ装飾や、20インチの専用アルミホイール、専用スポーツシート、本革とシルクメタルのスポーツステアリングホイールなどで、デザイン的にも差異化が図られている。

燃費は、V90のB5が12.4km/リッター、B6 AWDが11.4km/リッター、リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDが13.8km/リッター。V90クロスカントリーのB5 AWDが11.8km/リッター、B6 AWDが11.3km/リッターとアナウンスされている(WLTCモード)。

180km/hリミッターや「ケア・キー」を採用

内外装についても手を加えており、特にエクステリアでは、新デザインのフロントグリル、フロントバンパー、リアバンパー、アルミホイールを採用。リアランプのデザインも変更し、ウインカーをシーケンシャルタイプとした。

また装備については、「リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション」を除き、スマートフォンのワイヤレスチャージング機能を標準で採用したほか、全車に「CleanZone-アドバンスト・エア・クオリティ・システム(PM2.5センサー、車内自動換気機能付き)」を搭載。車内から微粒子状物質を除去することで 、PM 2.5 粒子を最大 95%車外に放出することが可能となったという。オプションの「B&Wプレミアムサウンド・オーディオシステム」もアップグレードしており、音場再現性を向上させるとともに、新たに“Jazz Club”モードを追加設定した。 

安全に関する点では、最高速度を180km/hに制限するリミッターを導入したほか、新たに「ケア・キー」を採用。これは経験の浅いドライバーや高齢者に運転を任せるシーンを想定した装備であり、このキーでクルマを始動すると、任意に設定した、より低い車速でリミッターが作動する。車両に付随するキーは2本で、このうちの1本がケア・キーとなる。ボルボではこうした装備の採用を通し、交通事故による死者、重傷者をゼロにする取り組みを進めていくとしている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【V90】

  • V90 B5モメンタム:714万円
  • V90 B6 AWD R-DESIGN:884万円
  • V90 B6 AWDインスクリプション:884万円
  • V90リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション:1014万円

【V90クロスカントリー】

  • V90クロスカントリーB5 AWD:744万円
  • V90クロスカントリーB5 AWDプロ:834万円
  • V90クロスカントリーB6 AWDプロ:904万円

(webCG)

関連キーワード:
V90, V90クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V90 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
ホームへ戻る